☆当ブログはコメント承認制です☆

f0119179_045403.jpg当ブログはコメント承認制です。コメントいただいてから、確認して承認するまでに少々お時間をいただいておりますが、どうぞよろしくお願いします。他のサイトに誘導するアドレスが書かれたもの等、不適切と判断したコメントは承認を控えさせていただいております。ご了承ください。
尚、fc2の「Kyoto Comugi Cafe 」もご愛顧よろしくお願いいたします!!!
      モモ&こむぎ&モモ母
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-19 03:24 | Comments(17)

来客歓迎!

f0119179_2581635.jpg日曜は「京都マラソン」が行われ、近くの加茂川の堤防を大勢の人が通っていくから、むぎちゃんはビビって、全力で「そっち行きたくな~い」。いつもと反対廻りで散歩に出たものの、堤防下に近づくと、やっぱりくるっとUターンして逃げるように帰宅しました。
かと言って、人が嫌いなワケではないんですよね。寧ろ大の甘えん坊。誰か来ると飛び跳ねながら路地を駆けて行きます。今月は来客が相次ぎ、まずはデイサービスセンター職員Nさんに大はしゃぎで甘える。Nさんちも昨年保護犬を迎えられ、同じようにビビリん坊だけど、家族にすっかりなついて楽しくお散歩するそうです。続いて元公務員Hさん。前に会ったことはあるけど、随分前だったせいか、ちょっと警戒しつつ近づいて撫でてもらうむぎちゃん。「なんか、怖いことされたら、いつでも逃げる態勢になってるなぁ」と笑われましたが、そのうち可愛がってくれる人と認識したようで、談笑中も机の下から顔を近づけて甘えん坊。長々と触ってもらっていたかと思うと、気が済んだのか、傍のカドラーに入って休憩。最初は警戒してたのに、すっかりリラックスしてました。先週はつくば在住のイラストレーターKさんが来訪。数年ぶりだったけど、すぐに甘えモードでHさんの時同様、頭をすりすりして撫でてもらっていました。途中、写真を撮る為、おやつまでもらってゴキゲン。前より毛艶が良くなったねと言ってもらいました。Kさんちの猫ちゃんも迎えた時はパサパサした毛だったそうですが、今は触っただけでは先住猫と区別が難しいほど良くなったとか。やっぱり人と暮らすと安心するんですね。
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-19 03:23 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

進化するHOTOKI

f0119179_2333666.jpg岩倉の「HOTOKI」に出かけました。市原からバスで国際会館前に出る際に手前の長代南橋のバス停で下車して高野川沿いから訪れることが多かったけど、市原に行かなくなって、「HOTOKI」さんも長く行く機会がありませんでした。1年半近く訪れてなかったせいか、期間限定の「抹茶ティラミス」がメニューに加えられていて、ヒメママさんがオーダー。抹茶ティラミスの為に作ったというオリジナルの器に入れて運ばれて来ました。いちごのジェラートが乗っていて、なかなか豪華。
モモ母は抹茶ラテもちょっと心惹かれたけど、ヒメママさんと味見し合おうとケーキセット(972円)にして珈琲と「モンブラン風」を選んでみました。モンブランはやわらかなスポンジ生地にマロンのムースが入っていて、ほど良い甘さ。大山崎コーヒーの豆を使った珈琲がケーキとよく合って、美味しかった。前回訪れた時に色々試作中とおっしゃってましたが、新たなメニューを開発されて、進化していました。1階の工房から土をこねる音が聞こえてきたりして、f0119179_312741.jpgこういう雰囲気、好きなんですよね。犬の箸置き(フォーク置き)も可愛い。
★HOTOKI
岩倉西五田町
075-781-1353
10時~20時 
水休
http://hotoki.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-18 03:03 | 京都のカフェ | Comments(0)

小部屋で点心弁当

f0119179_2317442.jpgお昼に北山の「乃し」さんを訪れました。前回の昼に訪れた時はカウンターだったんですが、今回は4人だったので個室に。初訪問時は広間だったスペースをその後に改装されて、今は入口右手のカウンター席以外はすべて個室仕様になっています。どの部屋も掘りごたつ式なので足も楽チン。
お願いしたのは今回も「点心弁当」。お刺身、西京焼、田楽、酢レンコン、鴨ロース、牛しぐれ煮、だし巻きなど、少しずつ多彩なものが二段のお弁当に詰められています。それに煎り大豆のご飯とにゅうめんがつきます。ご飯が煎り大豆なのは節分にちなんでなのでしょうか?香ばしくて、上品な炊き込みご飯でした。にゅうめんには前回ハモが入ってましたが、今回はホタテが入ってました。デザートはバレンタインシーズンらしくチョコレートを使ったカステラといよかんの寒天。どちらも一口サイズで食べやすい。ゆっくり時間をかけて堪能しました。料理の美味しさといい、スタッフの応対といい、こんな店が家の近くにあれば良いのにとご一緒した奈良在住のYさんがおっしゃってました。徒歩圏内に「乃し」さんがあって有難いです。そうそう、「乃し」さんからも近い「コラソン」さんのお友達のパン屋さん、いよいよ2月下旬オープンとの貼り紙ありf0119179_2344457.jpgました。店名は「アンドブレッド北山」です。
★乃し
上賀茂岩ヶ垣内町32
702-7733
12時~13時半
17時~20時半
月・最終火休
http://r.goope.jp/noshi

[PR]
# by mmcmp | 2018-02-16 23:47 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

福を分けて頂きました

f0119179_2492349.jpgヒメママさんからちりめん山椒をおすそ分けして頂きました。吉田神社の節分祭で「抽選券付き厄除け福豆」というのが200円で授与され、その福引で6等の「食料品」が当たったとのこと。食料品とはまた漠然としてるなと思ったら、牛若納豆や「うね乃」のおだしのパックなど協賛している会社の商品の詰め合わせだったそう。その中に桐箱入のちりめん山椒があって、たくさん入っていたからと分けて頂いたのでした。大量に頂いたのに、これでも全体の3分の1ほどだそう。なんと特等は車やテレビが当たるそうです。200円で車が当たるなんて、すごいよね。節分祭の商品陳列所には数々の品が並べられているそうで、写真を見せてもらったら、地蔵盆の時におもちゃやお菓子などの福引の商品が山積みされていて子供心にワクワクしたことを思い出しました。
夕食の時に早速頂いてみると、山椒の香りが際立つ感じ。おじゃこは近所の「しののめ」より随分大きいけど、やわらかで食べやすい。伏見の「伍八山椒堂」のものだそうで、山椒堂と名前につくくらいだから、山椒にこだわってるんですね。食料品の本数は300だけど、協賛商社一覧を見ると、ちりめん山椒「まるたけ」5個と書かれているので、食料品が当たった人の中でも、ちりめん山椒が入っていたのは、かなりお得なのではないでしょうか。ヒメママさんの福を分けて頂き、嬉しいです☆
http://www.yoshidajinja.com/setubunsai.htm
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-13 03:27 | いただきもの | Comments(0)

今年もドゥーブルセット☆彡

f0119179_2323944.jpg「イカリヤコーヒー」に行った時の第一の目的は「ドゥーブルセット」さんに義理チョコの調達に行くためでした。麩屋町綾小路西入るのイカリヤコーヒーから柳馬場四条下がるのドゥーブルセットまでは綾小路を歩いてすぐ。この辺りは飲食関係の店が増えましたね。菓子職人がデパートへの出店をやめたのを忘れて、イカリヤさんの前に高島屋に寄ったらブルガリが出てましたが、1粒1000円以上するとあってお客さんの姿は殆どありませんでした。
ドゥーブルセットはハイクオリティなのに1粒150円からと良心的。義理チョコだけでなく自分用にも買いました。今年のセレクトはお酒なしが抹茶とキャラメル。どっちも甘すぎず、良い感じです。雪の結晶のようなのがりんごのブランデー「カルヴァドス」、白と黄色の線が入った「グラッパ」はぶどうのしぼりかすのブランデー。マイヤーズダークラムを使った「ラム」は昨年に続いてのチョイス。お酒は飲めないのに、こちらのキャレは断然お酒を使ったものが好きです。今年の新作で「九条ねぎ」なんてのもありましf0119179_051817.jpgた。興味はあるけど、冒険はせず、無難なセレクトでした。営業は14時からなのでご注意ください。
★ドゥーブル
セット
柳馬場四条下る
075-341-7739
14時~21時 
http://www.kyoto-choko.com/
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-11 23:57 | 京都でお買い物 | Comments(0)

綾小路のイカリヤコーヒー

f0119179_15555987.jpg木曜は四条へ。「タベルト」に寄ろうと藤井大丸に入ったら、「アラビカ京都」は相変わらず満員でした。今回は別の店に行くつもりだったので、そのままスルー。四条から麩屋町を下がって綾小路を西に行くとお目当ての「イカリヤコーヒー」がありました。1月にオープンした「イカリヤ食堂」系列のコーヒースタンドだそうですが、外食を滅多にしないモモ母にとっては、混雑する四条河原町から少しはずれた所に自家焙煎珈琲の店が出来たらしいから、のぞいてみよう、という感覚。平日夕方にも関わらず、若い女性客を中心に結構賑わっててビックリです。
ビストロサンドやバームクーヘンなどもありましたが、最初なのでまずはカフェラテを。深煎りの「ショコラ」と浅煎りの「フルーツ」の2種類から豆を選ぶことが出来、ショコラをお願いしました。ふんわりミルクのためか深煎りながら苦味は殆どなく、寧ろ甘い。ショコラというだけのことはあります。行く前は中の様子がわからなかったので、スタンドだけだと読書には不向きだなと思ってf0119179_16322089.jpgいたんですが、壁に向かって座るカウンター席や奥にはテーブル席もあって、思った以上にゆっくり出来ました。22時まで営業しているのが、有難い。四条からちょっと綾小路まで足を伸ばすのがオススメです。
★IKARIYA COFFEE KYOTO
綾小路通麩屋町西入る
075-585-5495
11時~22時
https://www.instagram.com/ikariyacoffeekyoto/
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-09 16:35 | 京都のカフェ | Comments(0)

御所南に李青の2号店open

f0119179_1282791.jpg大好きな「李青」の2号店が知らない間に寺町丸太町にオープンしていたのを知り、早速出かけました。場所は以前「ハンディクラフト巧」だったところで、オープンは昨年11月だそう。1号店より広めで明るい感じですが、李朝をテーマにしたインテリアのセンスの良さはさすが。京都というより東京にありそうな感じ、何となくかつて経堂にあった「李白」を思わせると思ったら、家具の一部は「李白」から提供されたものとのこと。
なつめ茶や韓方茶などはあったけど、モモ母定番の「柚子茶」は書かれてなかったため、「ロイヤルミルクティ」(700円)を頼んでみました。「黒毛和牛のカルビサンド」(1000円)という1号店にはなかったメニューが書かれていて、テインアウトも可能とのことで興味津々。この日はお腹が空いてなかったので、今度お昼を食べてない時に頼んでみたいと思います。「トック」もありました。ミルクティはちゃんと煮出したロイヤルなミルクティ。運ばれてしばらくf0119179_2133228.jpgは湯気が立っていました。寒い時期はこういうのが飲みたくなります。ゆっくり本を読んで、帰る前にトイレへ。李青さんはトイレのあしらいがいつもとっても素敵なので、2号店も期待してました。白を基調にした清潔感あるトイレは1号店とは違う魅力がありました。お気に入りカフェが更に増えて嬉しいです。
★寺町李青
中京区下御霊前町633
075-585-5085
12時~18時 火休
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-08 02:16 | 京都のカフェ | Comments(0)

「しずかな日々」&「るり姉」

f0119179_111371.jpg椰月美智子の「しずかな日々」を読みました。アマゾンの「ポプラの秋」の関連紹介にあって興味を持ったのでした。三島由紀夫とは対照的な「離乳食のような本」だけど、児童文学なので平易なのは当然ですね。母親と離れておじいさんの家で過ごすことになったぼくの小学校5年の新学期から夏休みを綴ったもので、波乱万丈ではなく「しずかな」だけど、それまで友達と無縁だった無口な少年が、押野君と友達になったことで一緒に自転車で知らない町まで工場を見に行ったり、友達が家に泊まりに来たり、寧ろワクワクする幸福な記憶を読者が共有する感じ。お調子者で人気がある押野君みたいな子っていたなぁ。それにしても、この作品にはいじめが全く出て来ない。「えだいち」という呼び名だって学級委員選挙で枝田君はたった1票だったからだし、運動神経ゼロで空き地で野球をしても全然ダメだけど、陰湿な嫌がらせや悪口を言われることなく、そのまんま受け入れられてるんですよね。
「るり姉」も一緒に買ってみました。三姉妹が慕う母の妹「るり姉」と家族のことを綴っていて、高校生の長女さつきが夏、母のけい子がその春、次女のみやこが去年の冬、るり子の夫の開人が去年の秋、と各章ごとに話し手が変わり、最後の第五章は次女のみのりが4年後の春をf0119179_201453.jpg語る流れ。1章でるり姉が入院し、4年後は・・と心配をしながら4章を読み進める訳ですが、湯本香樹実ならこうはないだろうなという結末。椰月美智子が楽観的な作家なのかも知れませんが、児童文学は読んで元気になるのが良いんでしょうね。余談ですが、椰月さんのTwitterに小田急ブックメイツ新百合ヶ丘店の閉店のお知らせがリツイートされてました。行ったことはないけど、本屋さんの閉店はとても残念です。
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-07 02:07 | カフェ読書 | Comments(0)

クラフトガーデンのかなきよさん

f0119179_1431834.jpg日曜は一乗寺の「ヘルプ」に買い出しに出かけました。その帰り、北山の「陶板名画の庭」で北山クラフトガーデンを開催してるとヒメママさんに教えて頂き、一旦、家に戻って荷物を置いてから、のぞきに行きました。お目当ては「かなきよ」さんです。
夕方近かったからかなり売れていたけど、寒くて人が少なかったからか、それなりに種類がありました。まずは「ベーコントマトソース」キープ。もうひとつは「菊菜チーズ」と「ネギ&チーズのフーガス」とどっちにしようかかなり迷いました。どっちもよその店ではあまり見かけない組み合わせ。お店の人によるとお酒と味わうならしっかり塩が効いた「ネギ&チーズのフーガス」がオススメとか。前に買ったねぎ味噌もしっかりしてたっけ。販売期間が短いのは「菊菜チーズ」とのことで、今しか味わえない「菊菜チーズ」を選びました。噛んだ後に菊菜特有のほろ苦さが鼻に抜けて、良い感じ。チーズとの相性もよく、なかなか好印象でした。その後、「コラソン」さんのおf0119179_2331281.jpg友達が始められるという店の様子を見にいくと、かなり出来上がってました。オープンが近そうです。SAVVYによると「吉田パン工房」の実店舗ももうすぐ松ヶ崎辺りに出来る様で、どっちも楽しみ。
★KANA-KIYO
https://bakery-miki.jimdo.com/
[PR]
# by mmcmp | 2018-02-06 02:36 | 京都でお買い物 | Comments(0)