うちのお雑煮2009

f0119179_2021676.jpg三が日もあっという間に終わろうとしています。今年はお天気がいまいちだったこともあって、モモとの初詣も年明け早々に近所の氏神さんに行っただけです。
お雑煮はいつものように「三宅」で買った白味噌で作りました。年末になかなか買いに行けなかったので、30日の夜にお店に電話したら、もうほとんど残っていないとのこと。取り置きをお願いして大晦日に何とか買いに行きました。今年は売れるペースが例年よりかなり早いそうで、お正月を家で過ごす人が多いからではないかとお店の方はおっしゃってました。味噌の売れ行きにも不況の影響が出ているようです。この白味噌、「石野味噌」のものだということを昨年初めて知りました。石野の白味噌は京都では有名なんですが、我が家は三宅で買うから食べたことない・・・と思ってました。でも、実は子供の頃から食べてたことになります。「石野味噌」のサイトを見ると、「お雑煮を仏前に供えるため、だしには鰹節を使わず、食べる時に振りかけるのも古くから守られてきた風習です」とあります。確かに昆布でだしを取り、食べる時に上から鰹節をかける(モモ母はかけませんが)けど、単に美味しいからでなく、そういう意味があったとは知りませんでした。京都人が当たり前のようにしているけれど、その意味は案外知らずにいることがたくさんあります。
[PR]
by mmcmp | 2009-01-03 20:23 | おうちごはん | Comments(0)
<< モモと初詣 うちのおせち2009 >>