見た目は地味ですが

f0119179_23472829.jpg12月の父の不在中、食べに行った「そば鶴」さん。実は昨年に再度訪れておりました。というのも、お店に帽子を忘れてきてしまったのでした。帰って電話をしたら、モモ母が出た後にすぐに気付き、外に出て探してくださったそうですが、みつからなかったとのこと。近日中に取りに伺いますと伝えて、今度は父と一緒に出かけました。
 前回訪れた時は暖かかった京都も、その後は寒くなって冷たいおそばを食べるのを躊躇い、今度は天麩羅そば、父は鶏なんばを注文しました。天麩羅そばをいただくのは二度目で、しっかりダシの効いたおつゆにネギたっぷりで満足だけど、写真にするとなんかインパクトに欠けるのよね・・・と思っておりました。後で撮ったものを見比べてるうちに、その理由が判明。よその店みたいに天麩羅が丼からはみ出すような盛り付けでなくて、つゆf0119179_031744.jpgの中に沈んでるんですよね。でもエビが2匹入って、食べ応え十分。鶏なんばを食べた父も気に入ったらしく、「この前のお蕎麦はものすごく美味しかった」と後になってからも言ってました。今年もまた行きたいお店です。
そば鶴
紫竹西桃ノ本町
075-495-1015
11時30分~21時 火休
[PR]
by mmcmp | 2009-01-21 00:03 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< メルちゃん、さよなら・・・ 口の中に入っていたのは・・・ >>