残り福をいただきました☆

f0119179_1104784.jpgお散歩を兼ねて、モモと一緒に下鴨の「ユノディエール」に行きました。食パンや「クロック・ムッシュ」などいつものお気に入りをトレイに入れた後、目にとまったのが1月限定の「ガレット・デ・ロワ」。アーモンドクリームの入ったパイで、フランスで1月6日の「エピファニー(公現節)」に食べるのだそう。お店の説明書きには「フランスではこれを食べないと一年が始まらないと言われています」と書かれていました。このお菓子、「ドゥブルべ・ボレロ」で販売されてる(既に販売終了の様です)のをサイトで見てましたが、ホールで買うのはどうも・・・と思っていたら、こちら「ユノディエール」さんはピース販売。なので試しに買ってみました。
本来は家族などが集まってホールを切り分け、中に「フェーブ」と呼ばれる陶人形が入っていた人は王冠を被って祝福を受け、幸福が1年続くとされています。こちらはピース販売のため人形は別になっていて好きなものを選ぶシステム。ドナルドをもらって帰りました。1月6日のお菓子を今頃・・・と思う人もあるかも知れませんが、フランスでは1月中はこうした楽しみ方f0119179_1424387.jpgをするそうなので、今月末までの販売は正しいワケですね。遅ればせながら今年の幸福をいただきました。まだ間に合いますよ!
ユノディエール
左京区下鴨松ノ木町
075-722-8714
7時30分~19時 日休
[PR]
by mmcmp | 2009-01-29 01:44 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 安眠妨害 「日杳」と書いて「ひより」 >>