勝者のクーベルチュール

f0119179_2335472.jpg伊勢丹7階にある美術館「えきKYOTO」でロベール・ドアノーの写真を堪能した後は、10階に移動。「サロン・デュ・ショコラ」をのぞきました。ざっと一回りして様子を見ましたが、今年はナオミミズノ×マウンテンのタブレットを買うことに決めておりました。水野直己さんはバリー・カレボー社が主催する「ワールド・チョコレート・マスターズ2007」フランス・パリ世界大会で総合優勝した若きパティシェ。現在はバリー・カレボー社の大使にも任命されています。東京の製菓学校で講師をしつつ、週末には福知山に戻って実家が営む洋菓子店「マウンテン」でお菓子を作っています。バレンタイン用のチョコを扱っているのは、本店以外は東京と京都の伊勢丹だけ。こういう目のつけどころが、さすが伊勢丹です。
販売されてるのは、バリー・カレボーが水野さんのためにブレンドしたクーベルチュールを使ったショコラ。ボンボンショコラもありますが、モモ母はデf0119179_34850.jpgザインの美しいタブレットを購入しました。ココアバター含有量が多いだけあって、シンプルだけどチョコらしさを堪能できます。ビターチョコが好きなモモ母にぴったり。大賑わいの会場ですが、一部の業界誌以外は雑誌などでほとんど紹介されてないため、人も少なくてすんなり買えました☆
★マウンテン
福知山市天田
0773-22-1658
[PR]
by mmcmp | 2009-02-04 03:08 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< ひとかけらの破片として 「ロベール・ドアノー写真展」 >>