路地奥の静寂

f0119179_0431665.jpg本多劇場で芝居を観た後は、小田急線の踏切を渡って「カフェ・マルディグラ」へ。下北沢は小さな通りが複雑に入り組んだ街ですが、ここは細い路地の突き当たりにある女性好みのカフェ。客層はやや高めで、地元に長く住む人たちに愛されています。モモ母も父がマンションを借りていた頃から、何度通ったかわかりません。観劇前の期待感や観劇後の興奮覚めやらぬ状態で訪れることが多いのですが、高まった気持ちが静かな空間で少しずつ落ち着いていきます。今回も素敵な芝居を観た後で、心地よい余韻に包まれながら、ひとときを過ごしました。
この日オーダーしたのは、カボチャのプリンと珈琲。プリンは以前は三角だった気がしますが、リング状をカットした形にクリームがかけられ、ソースが添えられていました。ソースが甘くて、珈琲をブラックで飲むとちょうど良いf0119179_1772.jpg感じ。アンティークな調度品とクラシック音楽が作る品の良い空間に身を置いていると、このままずっとこうしていたい、ここからシモキタのマンションに帰りたい気分になりましたが、あっという間に滞在予定時間をオーバー。店を後にして、井の頭線に乗り込みました。
★カフェ・マルディグラ
東京都世田谷区北沢
03-3466-1035
10時~22時 
[PR]
by mmcmp | 2009-03-04 01:11 | 東京のカフェ | Comments(0)
<< 「見下ろしてごらん、夜の町を。... 都会の新陳代謝の中で >>