初夏の川魚屋さん

f0119179_113542.jpg今年は豆ごはんを既に2回炊きました。豆ごはんの日のおかずはブリの照り焼きなんかにすることが多いんですが、前回と同じでは芸がないので、「高田川魚店」で川魚の造りを買うことに。行ったら「鯉のあらい」が並んでいたので2つ注文。聞くと、「鮒の子造り」はもうやってないとのこと。昔は「鯉のあらい」と「鮒の子造り」の両方が店頭に並ぶこともあったと記憶してるんですが、いつからか鯉は夏、鮒は冬と、どちらか1種類だけになってしまいました。「高田川魚店」はもうすっかり夏仕様です。
1人前ずつパックに入れられた「鯉のあらい」には、どろ酢(酢味噌)が添えf0119179_115436.jpgられています。確かにどろ酢をつけて食べるのが一般的だけど、モモ母は「鮒の子造り」同様わさび醤油で食べるのが好き。なのでいつも1袋は使わない残るため、後日これで「ぬた(てっぱい)」を作ったりします。遅い時間だと売り切れてることが多いうなぎの肝焼きもこの日はたくさんあったので、1串買いました。
高田川魚店
烏丸北大路南西角
075-451-6701
[PR]
by mmcmp | 2009-05-06 01:24 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 夜でも昼行燈 モモ、猫にビビる >>