雨の日曜午後7時

f0119179_159256.jpg昔々、大好きな「クロア」もなく、「タイユバン・ロブション」も知らない頃、モモ母が一番好きなパンを売っていたのは、パン屋ではなくイタリアンレストランでした。今や有名シェフになったS氏が、まだ女坂のIにおられた頃、レストラン横にブーランジェリーが併設されていました。取材時にこちらのパンが好きだと伝えると、「うちの食パンは本当に美味しいんですよ」とS氏も太鼓判を押しておられましたっけ。連休、東山七条までバスで買いに行ったらすごい大渋滞で、2時間近くかかったことがありましたが、それでもその店のパンを入手できてシアワセでした。そこでパンを焼いていた女性が独立したのが、荒神口の「ボンボランテ」。石窯で焼いていて、店内には薪がたくさん積まれています。
日曜は雨。モモのお散歩を諦めて丸太町に買い物に出たついでに久しぶりに立ち寄ってみました。午後7時で辺りは既に暗く、日曜だし、もうほとんど残っていないかと思っていましたが、雨のせいでしょうか、意外とたくさんの種類のパンがありました。「レーズンとオレンジのパン」はとっても小さいけれど、美味しさがぎゅっと詰まっていて、あると必ず選んでしまうお気にf0119179_220916.jpg入りの一品。「豆カレーのパン」はやわらかな生地がカレーを優しく包み込んだ女性らしいパン。大好きな「バンプディング」もあったけど、この日は我慢しました。
★bonne volonte
河原町荒神口上る
075-213-7555
11時~20時 水・木休
[PR]
by mmcmp | 2009-05-18 02:28 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< オリーブオイルとなたね油 食堂で喫茶 >>