噂通りの心地よさ

f0119179_2415764.jpg木曜は仕事が終わってから夜の飲み会までちょっと時間があったので、前から一度行ってみたかったカフェ「月と六ペンス」に立ち寄ることにしました。ビルの2階、マンションの一室に入るようなドアを開けると、何とも素敵な空間がありました。お客さんはほとんどが一人客。壁や窓に向かうように作られたカウンター席で静かに本を読んでおられるのでとっても静か。二人客の会話だけが店内に響きます。でも、決して耳障りではなく、居心地は抜群。オーナーさんは古書店かカフェかどちらをやろうか迷ったそうで、店内にはたくさんの本が並んでいます。一冊読み終えるまで何時間でもいてしまいそうな、オーナーさんが提供したいのは、きっとそんな空間。背の高いカップで運ばれて来た珈琲(450円)の量の多さを見て、「どうぞ長居をして下さい」と言ってもらってるような気がしました。珈琲、なかなか美味しいです☆
ゆったり寛ぐ店だけあって珈琲もじっくり入れてくださるようで、出てくるまでf0119179_3115685.jpgに結構時間がかかったため、後の用事に遅れるのではないかとちょっと焦りましたが、ここは是非通いたい店ですね。それも断然一人で。店オリジナルのブックカバーがもらえるのも、店のテイストが出ていて素敵。でもなんだか勿体なくて、まだ使わずに眺めています。
★月と六ペンス
二条通高倉西入る
090-9058-8976
12時~20時(LO)
日・月一回不定休
http://www.tsukitorokupensu.net/index.html
[PR]
by mmcmp | 2009-07-11 03:20 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 2回も頼んじゃいました! 本屋さんでビスケットを買う >>