2回も頼んじゃいました!

f0119179_0534310.jpg「月と六ペンス」を出て、向かったのが家具屋さんが並ぶ夷川通りにある「燕楽(えんらく)」。モモ母たちの事務所近くにある「新町えんらく」と同じ系列の店。行ってみるとK弁護士の事務所のすぐ近くでした。この辺りは京都地裁のそばなので、法律事務所がたくさんあります。
祇園祭が始まったこの時期の京都の味覚と言えば鱧。こちらでも鱧の落としをいただきました。「たかはし」がなくなってから家で美味しい鱧の落としが食べられなくなったモモ母にはプリッとしてなかなか良かったんですが、実家が中央市場で魚の卸をやってるS君は辛口のコメント。モモ母が気に入って、S君も高評価だったのが「伊佐木あぶりポンズ写真上)」と「焙り貝柱と香味野菜のサラダ(写真下の右側)」。どちらも表面を焙った魚介をポン酢でいただくのでさっぱりして食をそそります。とっても気に入って、お仕事の都合で遅れて参加されたOさんが来られてからも、再度オーダーしたほど。見た目があまりに地味だったので写真は撮らなかったけf0119179_1322981.jpgど、「冬瓜と芋茎(ずいき)生姜あえ」もヒットでした。生姜味のくずあんが冬のかぶら蒸しみたいな感じ。夏でも意外といけました。
★夷川燕楽
夷川麩屋町西入る
075-254-8488
17時30分~1時 無休
http://www.zuzu.jp/
[PR]
by mmcmp | 2009-07-12 01:36 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< どうしたの? 噂通りの心地よさ >>