京都らしさを楽しむ

f0119179_150816.jpg東京から大学時代の友人Nさんが入洛。既にこれまで何度も京都を訪れているNさんに京都らしさを味わってもらえる店として最初に訪れたのが、西陣の町家紅茶館「卯晴」。2階から階下を見下ろす感じが何とも町家らしい風情であることやちゃぶ台でのんびり出来ること、お店の方は1階におられるので2階に上がれば自分達だけの空間として寛げること、フレーバーティーを含めてたくさんの種類の紅茶があるので紅茶好きのNさんに喜んでもらうるのではないかと思ったことが、選んだ理由でした。店の近くの晴明神社や周囲の雰囲気も旅行者にはおススメで、Nさんは民家の軒先に飾られた祇園祭の粽や屋根の鍾馗さんにも興味を持たれた様子でした。
卯晴」でモモ母がいただいたのは季節のフレーバー「マスカットゴールド」。テイスティングしたら、ものすごいマスカットの香りだったので試してみたくなり、アイスでお願いしました。「卯晴」さんでアイスをいただくのは初f0119179_2115072.jpgめてで、でっかいグラスで運ばれてきたので驚きました。Nさんはアッサムティーとシフォンケーキ。ティーポットが丸いタイプに変わっていました。シフォンケーキははちみつの香りがして、とっても美味しかったそうです☆
★卯晴
大宮通笹屋町下る
075-441-4772
11時30分~16時頃まで
日曜・祝日休 他不定休
http://www.uharu.com/
[PR]
by mmcmp | 2009-09-01 02:17 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 西陣の蜂蜜専門店 お惣菜屋さんも秋の気配 >>