昼行燈と仏様

f0119179_1453865.jpgNさんとは当初大徳寺で青もみじを見て「昼行燈」でお茶をする計画だったのを、急遽「卯晴」&晴明神社コースに変更して西陣散策をしたワケですが、下鴨神社を訪れた後、やっぱり「昼行燈」をのぞくことにしました。こういう時、一日乗車券ってホント便利です。
まだかき氷はあったけど、「卯晴」で冷たいものを飲んだので、こちらでは温かい柚子茶をお願いしました。「なんだか知り合いの家を訪れたみたい」とNさん。中京の立派な京町家の凛とした風情も良いけど、懐かしさを感じるのはこういう普通の家っぽさを漂わせた店ですね。ほっこりしながら置いてある本に目をやると、「大きな木」や「ひとまねこざる(キュリアスジョージのこと)」などの絵本と共に「続仏像のひみつ」という本を発見。「仏像ソシキの周りにも誰かいる」「仏像の着物にはソデがない」など、仏像のことをイラスト入りでわかりやすく解説してあって、めちゃくちゃ面白そう。異例のベストセラーになった「仏像のひみつ」の続編だそうで、2冊ともf0119179_215740.jpgじっくり読んでみたくなりました。なんて話をしてると、ご主人が写真集を見せてくださいました。仏像の顔のアップばかりを集めたモノクロの写真集で、どれも迫力があって美しい!阿修羅像が見る方向によって表情が変わるなんて初めて知りました。畳に座ってジャズを聴きながら仏様を見る、なんてことが妙にここではしっくり来ます。
CAFE昼行燈
紫野下門前町
075-204-8816 13時~21時
[PR]
by mmcmp | 2009-09-06 02:19 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 李朝文化にうっとり コロッケがあって良かった! >>