新栗入荷!

f0119179_0473.jpg「李青」さんを出て河原町通りを北上したら、珍しく「出町ふたば」に人が並んでない。へぇ~と思って店先を見ると「産地直送 とれたて新栗」のキャッチコピー?と共に「新栗餅」の文字。おおっ、今年もモモ母が大好きな栗餅が始まっている様子。人が少ない上に栗餅があるなら買わない手はありません。有名な豆餅も新豆入荷と書かれてたので興味はあったけど、栗餅と豆餅を1個ずつ食べるより栗餅を2個食べたいので、栗餅と父用に歌舞伎団子だけ買いました。
やわらかなお餅とあっさりしたこしあん、美味しさを存分に引き出した渋皮栗が絶妙で、「祗園辻利」の冷煎茶でいただくと京都に生まれて良かったと思います。先日、夜久野で漆かきをしている方に話を聞いたんですが、夜久野は古くから丹波漆を京都に出荷していたそうで、京蒔絵は良質な材料の供給地に恵まれたからこそ発達したんだなぁと思ったワケですが、今年初の栗餅を食べて同じことを感じました。丹波栗を産地直送で入荷できるのは有難い。でもそれを使う「ふたば」の技も見事です。いや、形もふぞろいで決して洗練されたお菓子ではないんですよ。でも、最近丹波の方から何度か和菓子をいただいたんですが、素材は良いんでしょうけど、味がぼやけた感じで何か違うんですよね。上質な素材の供給地とそれを活かf0119179_0441762.jpgす術を心得た都の技が美味しい和菓子を作るのだと思ったモモ母でした。
★出町ふたば
出町通今出川上る
075-231-1658
8時30分~17時30分
火・第4水休
[PR]
by mmcmp | 2009-09-08 00:45 | 京都でお買い物 | Comments(4)
Commented by ぼの at 2009-09-08 19:01 x
こんばんわ☆ いつも楽しみに拝見しています。

あぁ~~美味しそうですね~~ 今すぐ飛んでいきたい気分です!
こういうお菓子、特に栗が大好きなので・・・
本当にそうですね、素材と技が合わさってこそ、最高のものができる、、長く都だった京都でこそですね。
あぁ、どうか短い行列でありますように、と願いつつ、栗の季節が終わらないうちには、ぜひ行ってみたいと思います。
Commented by mmcmp at 2009-09-09 01:24
いつも読んでくださって有難うございます!
「ふたば」は京菓子司と違って庶民的な店ですが、それでも明治の頃から続くだけのことはあるなぁ~と思います。
ぼのさんがいらした時にも行列ができてないと良いですね。買った日は夕方でしたが、この日だけでなく今週の月曜の午後もバスの中から見たら並ぶ人はまばらでした。今の時期の平日がねらい目なのかも???
Commented by ゆきち at 2012-09-15 23:18 x
「栗」という文字に反応してしまいました。もう今年も、始まってるのでしょうか。昨年、開店と同時(1番乗りだった)に「栗餅1つ」と注文したところ、「栗餅はまだできてません」「何時ごろできますか?」「昼ごろになります」という始末だったので、次回は京都旅の一番最後に出町ふたばさんに行き、出町柳の駅から帰路につくという作戦でいこうと考えています。栗餅や豆餅って賞味時間 どれくらいですかねぇー。本日中であっても、時間が経つとお餅が固くなってしまって… がっかりしたのを覚えています。(朝一番で買って夕方食べた時がそうでした) 個人で食べる時は、買ってすぐ川のところで食べるけど、お土産にぜひ京都から大阪に持ち帰って、周りを喜ばせてあげたいから。今年も早々の栗餅レポート楽しみにしております。
Commented by mmcmp at 2012-09-17 00:04
私も和久傳さんのお品書きを見ながら、ふたばの栗餅のことを思い出していました。もう9月も半ばを過ぎましたので、きっと売っておられるはずです!
豆餅も栗餅も日に何度も作っておられますが、遅い時間だとさほど並ばなくて良いかわりに売れ切れてる可能性もありますよ。どちらも当日中に食べるように言われます。私は冷凍保存して後日食べますが・・・。
<< 和の空間でいただく極上ケーキ 李朝文化にうっとり >>