和の空間でいただく極上ケーキ

f0119179_0353671.jpg昨年春に偶然みつけて以来なかなか訪れる機会のなかった「りモール」さん。飛鳥井町という庶民的な印象のある場所ながら、和風建築の入口にモダンな赤い暖簾がかけられていて、祗園にでもありそうな佇まい。玄関には初秋らしいススキが飾られていました。テーブルは赤と黒でコーディネイトされていて、モモ母が座った床の間横の席は黒いテーブルに黒いお皿。そこに赤いナプキン、赤いコースターが映えてキレイ。
オーダーしたのは「シャンティ・キャラメル」と冷たいカフェオレ。「シャンティ・キャラメル」はほろ苦いキャラメルクリームがアーモンドクリームのメレンゲにサンドされた可愛いお菓子。食べにくいようでしたら手で食べて下さいとお店の方。確かにメレンゲが固くて切るのにちょっと苦労したけど、まさかの時は手でという安心感もあって、何とかナイフとフォークで完食しました。このキャラメルクリームが実に見事。苦さが心地よく、キャラメルってこんなに美味しかったっけ?と認識を新たにしました。お店の方によるとキャラメルクリームは夏場はさっぱりめに秋冬はしっかりした味にと同じお菓子でも季節によって味を微妙に変えているのだとか。後から入って来らf0119179_14370.jpgれた赤ちゃん連れの夫婦には「サービスでミルクをお出ししていますが・・」とお尋ねになってました。お菓子作りもお客さんへの一言もさりげなく心配りされていて、モモ母はこういうお店が大好きです☆
★京の洋菓子工房リモール
田中里の前町
075-781-9848
13時~LO18時30分 
(テイクアウト11時~19時)
木・金休
http://limour.com/
[PR]
by mmcmp | 2009-09-09 01:10 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< ターシャテューダーとエリザベス女王 新栗入荷! >>