ユダヤの祝い菓子

f0119179_05865.jpg先月オープンしたばかりの「さらさ御供焼菓子工房」を訪れた時、焼き菓子のテイクアウトもしてみました。まずチョコレートチップスのクッキーを1枚。ものすごく大きいので一度に食べるとおなか一杯になりそう。モモ母は数回に分けていただきました。いかにもアメリカの子がミルクと一緒に食べてるようなイメージです。余談ですが、アメリカの子が大好きなピーナッツバターサンドってたまらなく甘そうで苦手だけど、みんなホントに大好きですよね。甘いといえば昔「ツインピークス」が流行った頃、クーパー捜査官が好きなチェリーパイが巷に増えて雑誌でも特集が組まれてた記憶があるけど、あれも甘すぎてモモ母は苦手でした。今なら甘さ控えめのチェリーパイも増えてるのかな?
それはさておき、クッキーと一緒に買ったクロワッサンみたいな形の可愛いお菓子。「ルゲラッチ」というんだそうで、色も地味でそれほど期待してなかったんですが、これがと~っても美味しい!1袋に2つ入ってて、1つ食べたf0119179_0402075.jpgらもう1つ欲しくなって、食べたい気持ちを抑えるのに苦労しました。ユダヤ系のお祝い事で作られるラズベリーやビターチョコ、くるみのペーストを巻き込んだクツキーです。アメリカの菓子って大味なものが多いと思うんですが、この店の焼菓子は、丁寧に作られてる印象です。
★さらさ御供焼菓子工房
三条通猪熊西入御供町
075-822-1600
10時~20時 
水休
http://www.cafe-sarasa.com/index.htm
[PR]
by mmcmp | 2009-10-02 00:47 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 抹茶ロールケーキで休憩 歌舞練場で味わうバターライス >>