マイベスト栗餅

f0119179_1281280.jpg「李青」の帰りは河原町今出川からバスに乗っても良いんですが、葵橋西詰まで歩くことが多いです。理由は「出町ふたば」が気になるから。夕方の遅い時間だったので商品はほとんど残ってなかったんですが、おかげで行列も少なめ。ショーケースをのぞくと栗餅があったので、買うことにしました。先日エキサイトにぼのさんが栗餅を食べたとコメントくださったのに触発されたみたいです☆
本来は6月の和菓子であるはずの水無月に秋の栗が入った「栗水無月」の黒砂糖(白もあります)も一緒に買いました。それも美味しかったけど栗餅の方が満足度は高い。まず甘さ控えめでしっとりした餡が素晴らしい。そしてそれを包む羽二重餅の程良い弾力がお見事。さらに上部に載せられた渋皮栗のやわらかさと栗の素朴な味が口に広がる三位一体の調和が絶妙。それまで食べていた栗餅というのは、かたい栗の甘露煮を使い、しっかりした形のものが多かったように思います。でもこちらのは形も栗のf0119179_1472214.jpg位置も微妙に違うし、持ち帰る間にさらに変形して見た目は洗練されてない。でも、これ以上の栗餅はまだ食べたことがありません。
出町ふたば
出町通今出川上る
075-231-1658
8時30分~17時30分
火・第4水休
[PR]
by mmcmp | 2009-11-18 01:54 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 「伏せ」して待つ モモと「かめや」まで2009秋 >>