美しい空間に身を置く幸せ

f0119179_23475183.jpg木曜の夕暮れに「伽藍」を訪れました。すぐ近くにあるので前はよく通るのですが、店に入るのはほぼ1年ぶりです。実はこのところいつ前を通っても営業されてない様子。前日も閉まっていて営業時間が変わったのか、もしかしてまた大好きな店がひとつ閉店してしまったのか・・・と心配していました。この日は中にも明かりがついていたので、嬉しくなって、美しいドアを開けて店内へ。
窓際の席についてマンドリン(900円)を注文。このお値段の高さが、大好きなのに足繁く通うことを困難にさせているのですが、訪れるとやはり満足度は高い。照明を落とした店内に漂う珈琲の香りと低く流れるジャズ。壁にはf0119179_0171872.jpg田普さんのスタイリッシュな書。よく磨かれた輝くようなポットから丁寧に湯を注ぐマスター。この見事な空間に再び身を置くことが出来て良かった。窓の外の北山通りがトワイライトから夜に移り変わる様子も絵になります。マスターにうかがったところ、2週間ほどお休みをされていたそうですが、再開されて本当に嬉しく思います。
伽藍
上賀茂今井河原町
075-791-1511
11時~22時 月・第2.4火休
[PR]
by mmcmp | 2009-12-19 00:19 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< おでかけ軽食 塩といえば・・・ >>