カステラというよりも・・・

f0119179_2293368.jpg室町二条下るの「然花抄院」にある「ZenCafe」に行きました。「然花抄院」室町本店は大阪心斎橋のカステラ店「長崎堂」が昨年8月にオープンさせた店で、カフェとギャラリー、商品販売スペースからなる複合ショップ。カフェでは奥のギャラリーを望む中庭を眺めながら、ゆったりした気分でお茶とお菓子を楽しむことができます。
初めて訪れたので、まずはお店がウリにする「然カステラ」を。セット(945円)は飲み物は珈琲、紅茶、煎茶、番茶などから選べ、珈琲をセレクト。抹茶をセットにすると1050円になります。ご一緒したタレントTさんは赤米を使った吾花(あか)にされました。飲み物はカプチーノだったと思いますが、それぞれ単品扱いになるとかで、セット価格より安いお値段になってました。「然カステラ」は丹波黒豆を主食に育った鶏の卵を使った黄身の濃い、中が半生のカステラ。でもいわゆるカステラをイメージするとちょっと違います。やわらかくて不思議な食感ですが、味は味噌の塗ってない味噌松f0119179_315362.jpg風みたい。と思ったら、室町花素庭等(むろまちかすてら)という大徳寺納豆が入ったカステラは、見た目がさらに味噌松風みたいでした。
★ZenCafe
室町通二条下ル
075-241-3300
10時~19時 
月休
http://www.zen-kashoin.com/
[PR]
by mmcmp | 2010-01-09 03:03 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 「優しい子よ」 黒い大根 >>