気軽に行ける蕎麦屋さん

f0119179_093143.jpg数年ぶりに「うるめ」に行きました。北大路新町を西に行ったところにある蕎麦屋さん。看板もさほど目立たないので気づかず通り過ぎる人も多そうです。土間で靴を脱いで上がると部屋が手前と奥に分かれていて、モモ母は表の座敷に陣取りました。
店に入る前はおろしにしようと思ってたんですが、お品書きを見て目に付いたのが「御内緒そば」(950円)。お店の人にうかがったら、野菜の天ぷらのぶっかけそばで温かいのと冷たいのが出来るとのこと。冷たい方でお願いしました。さつまいもやナス、ししとう、小さな粒々はそばの実のようです。この店で特徴的なのはそばより寧ろ毎朝削ったかつおぶしで作ったおだし。あ、そばも特徴がありました。量が多い!最近の蕎麦屋って石臼使ってるとか、どこ産のそば粉何割だとか、能書きが多くて高いわりに量が驚くほど少ない店が増えて、主人が文化人気取りでうんちく語ったりするのは困った風潮だと思っているので、こういう店は好感度大です。そうそf0119179_0535683.jpgう、後から来店された女性客がメニューも見ずに「にしんそば」を頼んでおられて、この店はにしんそばが人気らしいことを後から知りました。確かにあのだしで食べるにしんそばは美味しいかも。次回はにしんそばにしようと思います。
★うるめ
小山西大野町
075-495-9831
11時~売り切れ次第終了(17時)
火休
[PR]
by mmcmp | 2010-01-24 00:58 | 京都でごはんたべ | Comments(2)
Commented by こむぎん at 2010-01-24 18:36 x
お蕎麦屋さん、ここ数年とっても気になる存在です。
うどん、そばのお店にはよく入るのですが、
ちゃんと蕎麦湯がいただけるような『蕎麦屋』に入ったことがないのです。
モモ母さんのおっしゃるように、『文化人気取りでうんちくを語る』店主や『ガンコ一徹!!』のような店主だったらどうしよう…などと尻込みしてるのかもしれません。
Commented by mmcmp at 2010-01-25 01:04
もし店主が気難しい人だったとしても、接客はきっと愛想の良い奥さんとかがやってるでしょうから、是非一度チャレンジしてみてください!
最近は十割そばが増えたけど、私は二八が好きです。
また京都にいらしたらにしんそばを食べて欲しいですが・・・どこも結構高いんですよね~。
<< 2月の上賀茂神社の手づくり市2010 東大路の「喫茶 六花」 >>