節分には壬生寺へ

f0119179_039435.jpg3日の節分には今年も壬生寺に炮烙(ほうらく)を納めに行ってきました。今年は東京出張中の事務所のS君に古いお札を納めて来て欲しいと頼まれていたので、ついでにうちの古いお札も持って行きました。参道や境内には炮烙を売る店が何軒も出ていて、どの店にも「大念仏 厄除」と書かれた素焼きの炮烙が山積みされています。それを一枚500円で買い求め、筆で願い事や家族の年齢などを書いてお寺に納めます。志納料は数年前まで「50円以上」だったのに、今は「100円以上」になりました。
これは3年前の記事にも同じことを書いたけど、炮烙に書く年齢は数え年。よくわからない人のためにお店に早見表があって、それで自分や家族の年齢を確かめながら書くんですが、数え年って誕生日がまだの人は満年齢に2歳プラスすることになるので、自分の年齢を見て毎年愕然とします。モモも数え年だと11歳。いつもは「家内安全」と書くんですが、今年は思わず「家内安全」だけでなく「無病息災」も書き加えておきました・・・。
[PR]
by mmcmp | 2010-02-04 01:02 | 雑感 | Comments(0)
<< またしても・・・ イチゴならこちら >>