こたつ席で長居

f0119179_049636.jpg昼行燈」を今年初訪問。こたつ席で柚子茶を注文しました。昨年2月に初めて「昼行燈」さんを訪れた時に頼んだのが柚子茶だったので、同じものをお願いしたかったのでした。一緒に出していただいたのは、吉野葛と和三盆を使った落雁。甘さが上品で、上質な落雁でした。外は春を思わせる陽気で、寧ろ家の中の方が寒いくらい。傍の火鉢に乗せられた鉄瓶から立つ湯気のゆらぎが心地良く、ほっこりして、気がつけば2時間半も長居してしまいました。
帰りに見ると玄関の金魚が3匹から2匹になっていました。2匹をいじめていた一番大きな1匹が、ある朝、藻に絡まって死んでいたそうで、2匹が結託してやっつけたの?なんて。残った2匹はそれまでほぼ同じ大きさでf0119179_1292285.jpg見分けがつかないくらいだったらしいのに、一番大きな1匹がいなくなってから、1匹が確実に大きくなってきたらしく、今では2匹の大きさにはハッキリと差が出来ていました。犬って順位をつけたがるけど、金魚の世界もそうなのかも・・・。小さな鉢の中にもなにやらドラマがありそうです。
CAFE昼行燈
紫野下門前町
075-204-8816 
13時頃~21時
[PR]
by mmcmp | 2010-02-26 01:37 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 3月は臨時休業されます 久々の西賀茂チーズ >>