やさしい蒸しパン

f0119179_2124405.jpg西陣の「ダル・プー」さんに行きました。約半年ぶりの訪問。看板の下に「オープン」の文字が下げられていて、またちょっと感じが変わりました。カレーも始められたようで中に入るとカレーのニオイがしていました。食事メニューを食べるほどではなかったけれど、ちょっと小腹が空いたかも、と思ったら黒糖蒸しパン(250円)があって、まだ温かいですよと言われそれをお願いすることに。飲み物は苦味のあるストロング珈琲(450円)にしてみました。
運ばれて来た蒸しパンはとっても可愛い。基本的に蒸しパンというものはそういうものなんでしょうけど、穏やかな優しい味わいです。しっとりして、静かに美味しさが広がっていく感じ。これって何だか「ダル・プー」の奥さんみたい。しっかり前面に出てくる先日の「バティスリー・エス」のケーキと対照的ですね。やっぱり作り手の個性って出ますね。「フランジパニ」のケーキを評して「すごい料理上手な奥さんが作った感じ。決してパティシェの作るそれではない」というようなことを書いた記事を読んことがありますが、f0119179_21492568.jpgダル・プー」さんの蒸しケーキやシフォンケーキもまさにそう。パティシェやブーランジェリーの作るものとは違う、料理上手な女性のもの。両者は全く別だと思うけど、最近は家庭的な料理やお菓子にもすごく良いものが増えましたね。本当に美味しかったです。
dal+poo
元誓願寺通大宮東入
080-6134-8967
12時頃~17時30分頃
日・月休
http://blog.livedoor.jp/dalpoo/
[PR]
by mmcmp | 2010-03-11 21:50 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 街中に進出してたんですね・・・ やっと行けました☆ >>