李朝喫茶でうっとり寛ぐ

f0119179_19564230.jpg出町の「李青」さんを今年初訪問。バス停からダッシュして店内に入るとほぼ満員状態。何度も訪れている「李青」さんですが、今日が今までで一番混んでいた気がします。それでもオーガニックの柚子とはちみつを使った「柚子茶」(500円)をいただきながらほっこりしていると、他のお客さんが帰られて、ほの暗い店内に伽耶琴の音色が静かに流れるいつもの空間に。
店内に置かれたチラシを見ると「李朝の『木偶』展」という催しが東京は経堂の「李白」で4月20日~6月20日に、京都は「李青」で7月7日から8月8日まで開催されるとのこと。「李青」の美しい空間に直置されるなんて、ガf0119179_20202097.jpgラスケース越しに見るのと違った一体感があって素敵そうです。約100点は日本ではかつてない規模だそう。「李青」には普段から李朝家具に白磁の壷や季節の花がコーディネイトされていて、木偶もいくつか見かけます。その見事さにこの日もうっとり。気がつけば、また2時間いてしまいました・・・。
李青
河原町今出川下る
075-255-6652
11時~18時
月休
[PR]
by mmcmp | 2010-03-17 20:21 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< この道、約40年 あれってどこのパン? >>