下鴨の隠れ家

f0119179_23295134.jpgまたまだ続く東京ネタの合間に京都ネタを。木曜は「昼行燈」でトークサロンをした恩師M先生と「打ち上げ」と言う名のご飯食べ。下鴨の「雲心月性」に行きました。野菜を中心にした和洋家庭料理の店で、店を始めて13年になるそうですが、木の看板だけでひっそりした佇まいは知る人ぞ知るという感じです。
おまかせ料理は生麩田楽や甘海老のみぞれ和えなどの前菜三種から。こごみが春の到来を感じさせます。椀ものは空豆のしんじょうと若竹のお吸い物。手をかけて丁寧に作られていることが伝わってきます。上の写真はこの日の魚料理のふくらぎのパン粉焼。ふくらぎはブリの子で、富山から仕入れたものだそう。材料にこだわって体に良い料理を心がけておられるそうです。たっぷりの野菜と混ぜてサラダ感覚でいただきました。下の写真は鶏肉のソテー。黒米ごはんやお漬物と一緒に出していただきました。ソテーは勿論だけど、かつお大根などの漬物がとっても美味しかった。せっかく美味しい料理を食べても漬物がマズいとガッカリするんですが、ご飯の炊き具合も良く、バナナとレモンのケーキに紅茶で満足して食事を終えまf0119179_0165445.jpgした。ぬくもりのある陶器のお皿やカップと使い込まれた木の机など全体の統一感がとても自然で、居心地の良さも抜群でした。
★雲心月性
下鴨松原町
075-781-3767
18時~22時
水、第2.4火休
[PR]
by mmcmp | 2010-04-09 00:17 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 「こころの医療宅配便」 お江戸の桜を愛でる >>