光原社のくるみクッキー

f0119179_18544585.jpg盛岡在住のイラストレーターKさんから京都に帰省する前に「お土産のリクエストはありますか」とお尋ねメールをいただきました。勿論、「光原社」の支店「モーリオ」で販売されてる「くるみクッキー」が食べたい!せっかくなので集合場所にさせていただく「昼行燈」さんや美味しいもの好きの番組スタッフにもお渡ししようと何袋もお願いしてしまいました。Kさん、お荷物になってスミマセンでした。久々に口にする「くるみクッキー」はやっばり、しみじみ美味しくて、毎日いただいています。
「くるみクッキー」は箱に描かれた木のイラストも、中に添えられたカードに描かれた馬のイラストも、素朴な魅力があります。包装紙も懐かしい感じ。「光原社」は宮沢賢治が生前唯一出版した童話集の発行元だったところですが、包装紙やイラストは当時の空気や賢治の世界を今も変らずに伝えているようです。このクッキーを元々リクエストされたのは岡崎のカフェ「好日居」さんなんですが、「好日居」さんにはあれから行けてなくて・・・。ああ、そういえば「kyoto生chocolat」さんもご無沙汰してるよね・・・と「くるみクッキー」を見ながら、岡崎に思いを馳せるモモ母でした。
http://www15.ocn.ne.jp/~kogensya/index.htm
[PR]
by mmcmp | 2010-05-14 19:11 | いただきもの | Comments(0)
<< お見送ってもらえる幸せ フレンチの技法を介護食に >>