夜遅ごはん

f0119179_0242347.jpg日曜の夜は恩師M先生の教室を見学したディレクターOさんと「雲心月性」を訪れました。午後8時半を過ぎていたので、営業してるかどうか心配だったんですが、明かりがついていたのでホッと一安心。奥のテーブル席で注文を終えたところへ、M先生もお友達のSさんと共に来店されたので、合流しました。
Oさんはビールを注文、お酒を飲まないモモ母やM先生、お酒はお好きだけど「今日はやめとく」というSさんはいきなり豆ごはんでお食事モードです。豆ごはんは色鮮やかさが印象的。家で炊くとこんなにキレイな緑色にならずに、茶色くなるのは何故でしょう???豚肉とえのきのおろしぽん酢はさっばりして食べやすく、帆立の入った焼き餃子はあっさり和風テイスト。遅めの時間帯でもおなかに優しいメニューです。M先生たちが注文された魚料理は富山でとれた鯛に人参やグリーンアスパラなどが彩りよく盛り付けられていました。特にエンドウ豆が一列に並ぶ様子はとっても可愛f0119179_0494953.jpgい。飲む人も食事主体の人も思い思いに楽しめるのがこの店の魅力。お腹一杯になったところにほの暗い照明と心地良いジャズで、何だか寝そうになりました。
★雲心月性
下鴨松原町
075-781-3767
18時~22時 
水、第2.4火休
[PR]
by mmcmp | 2010-05-18 00:53 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 絵画のような光景に酔う モモ、シャンプーに行く >>