ごちそうさまでした

f0119179_1365271.jpg是非行きたいと思っていた大徳寺前の「かね忠」を初訪問しました。メニューは日替わり定食(700円)のみ。カウンターとテーブルが2席だけの小さなお店です。「昼行燈」のご主人とお坊さんになるため修行中のRさんから事前に得た情報は「日替わりといっても小鉢は一緒とか度々同じものを出す店が多いけど、ここはメイン料理も小鉢も通い始めてからまだ一度も同じものがない」「おばあちゃんが作る優しい味」「食べた後でシアワセな気持ちになる」というもの。
この日はメインが「ねぎオムレツ和風きのこあんかけ」。それにお味噌汁、ナスのおひたしなどの小鉢が3品と香の物、デザートの「マンゴーゼリー」がついて700円とは思えない充実ぶり。しかも赤だしには豆腐、わかめ、かいわれが入っていたし、ひとつひとつとても丁寧に作られていて、本当に全部美味しい。マンゴーゼリーも絶品。運ばれて来た時におばあちゃんがマンゴーゼリーなんてハイカラなと思ったんですが、一口食べて予想以上の美味しさに目を見張りました。かすかに果肉が残っていて、ジュースでなく果実から作っておられるのだf0119179_201269.jpgと感心しました。食べ終わったら自然と手を合わせて「ご馳走様でした」と言っていました。火曜は「新ジャガと手羽先の煮物」にデザートが「抹茶わらびもち」。これも心ひかれました。
★かね忠
紫野雲林院町
075-451-6941
10時~14時 水・木休
[PR]
by mmcmp | 2010-06-02 02:05 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< ライトフード食べてます 正統派ホットケーキ >>