第2回昼行燈サロントーク

f0119179_193674.jpg新大宮商店街の町家カフェ「昼行燈」で第2回サロントークを開催しました。雨が降っていたにもかかわらずたくさんの方に来ていただき、神戸や西宮からわざわざ来てくださった方もありました。今回は「源氏物語」の光源氏の乳母子・惟光のお話。源氏に登場する女性達の話はよくされますが、惟光がテーマになるのは珍しいんじゃないでしょうか。講師役の恩師M先生らしいセレクトです。
皇族や貴族には母親に代わって乳母が授乳させるわけですが、人間は牛さんみたいにいつでもお乳が出るわけではないので、貴族や皇族に赤ちゃんが生まれたのと同じ頃に赤ちゃんを産んだ女性が、乳母になる。ということは、お坊ちゃまやお姫様とほぼ同時期に生まれた子が必ずいるわけで、惟光もその1人なんですね。兄弟みたいに育ったから源氏の信頼も厚い。夕f0119179_1332276.jpg顔が亡くなった時も惟光がうまく処理して一件落着。そんな惟光をベルばらのアンドレみたいな物静かで包容力のある男性みたいなイメージで思っていたので、その後の下世話な感じのエピソードにガッカリした記憶があるんですが、M先生の話を聞くと逆に人間らしいというか、脇役の言動までリアルな描写で書いている紫式部って、やっぱりすごいなぁと改めて思いました。個人的には反省点もあって、まだまだ発展途上ですが、サロントーク、次回は秋に開催予定です。
※ほんのさわりだけですが、トークの様子をyou tubeにアップしました!
http://www.youtube.com/user/shin17mm#p/a/u/0/tEv2tCL_HoI

[PR]
by mmcmp | 2010-06-14 01:42 | 雑感 | Comments(0)
<< 「仏像のひみつ」 奥のスペースを独占 >>