2度目です☆

f0119179_1491280.jpg「大徳寺前」バス停近くの「かね忠」さんの記事を見て下さったカンパネルラさんが、早速行かれた様子。その日はサンマの開きだったそうですが、美味しそうな写真を拝見して、モモ母もまた行きたくなりました。で、早くも再訪。1時を過ぎていたので、前回よりも空いていました。
この日のメインは「かれいの煮付け」。これがやわらかくて薄味なのにだしがよく染みてとっても美味しい。先に来ていたお客さんからも「上手に炊いてあるなぁ」という声が聞こえてました。しかもかれいの煮付けと言えば普通はかれいだけだと思うんですが、里芋や椎茸、インゲン豆も一緒に炊かれていて、まさにおばあちゃん家で食べるような懐かしい味でした。小鉢は「菊菜・水菜のおひたし」に「蟹ともずくの酢の物」「れんこんきんびら」。どれも上手に作ってあって、特にシャキシャキのれんこんに感動しました。しf0119179_2102892.jpgかも前回と同じものは1つもありません。香のものもたくあんと昆布で前と違ってました。これで700円というのがすごい。近くにあったら毎日でも通いたいお店です。
★かね忠
紫野雲林院町
075-451-6941
11時~14時 水・木休
[PR]
by mmcmp | 2010-06-16 02:12 | 京都でごはんたべ | Comments(0)
<< 拾い食い、危機一髪! 「仏像のひみつ」 >>