今度はハンバーグとチキン

f0119179_1153755.jpg一週間前の話なんですが、北大路橋西詰の「はせがわ」に行きました。ハンバーグが有名なこのお店、休日などは入りきれないお客さんが外に並んでいることもある人気店です。とは言うものの、基本は町の洋食屋というか昔から親しんでいるジモティにとっては定食屋に近くて、とにかくメニューが豊富。ハンバーグそのものもバリエーションがあるし、オーソドックスなハンバーグはほかの料理とのコンビメニューがいっぱいです。前回、前々回は同じ「ハンバーグとホタテ」というのを頼んだので今回はエビフライにしようかと思ったんですが、エビフライとハンバーグのコンビは1500円。ちょっと迷って1000円のコンビの中から「ハンバーグとチキン」にしてみました。
チキンと言ってもほんの少しかと思ったら、これだけでもおなか一杯になりそうなくらいに量があってビックリ。上にはきのこがたっぷりとかかっています。ハンバーグもドーンとおっきい。サラダもたっぷり懐かしのケチャプ味のスパゲティもついて、おなか一杯になりました。途中で傍らの鳩時計が鳴f0119179_1293211.jpgり出し、思わず上を見上げました。これまた懐かしい!子供の頃に家にあった鳩時計を思い出しました。鳩時計の音を聞いたのは何年ぶりでしょうか???
★はせがわ
小山下内河原町
075-491-8835
11時15分~22時 
月休
[PR]
by mmcmp | 2010-07-19 01:32 | 京都でごはんたべ | Comments(8)
Commented by ゆきち at 2010-10-23 16:43 x
「はせがわ」さんはいいですよね。(というか1度しか行った事はないのですが)土曜日のお昼、たくさんの人が(待ち椅子近辺)並んでました。そして私の番。5人程のテーブル席が開いたんです。私は1人。1人なので私より次のグループの人達を優先してくれてもいいよと思っていたのですが、自然に5人席?!(向かって右の奥?!)に通されました。申し訳ない気持ちもあったのですが、お客さん(自分)を大事にしてくれてるなぁって感じました。お勘定の後のご主人(めがねのおっちゃん)の(笑顔で)「どうもありがとうございました」 「はせがわ」さん、すごく好印象です。南区からは遠かったので、1度しか行けてませんが、近くにあれば頻繁にランチしたいお店ですよね。
Commented by mmcmp at 2010-10-24 02:05
私が行く時はバイトらしき女性が数人おられますが、若いバイトさんにありがちな無愛想な感じでなく、きちんと対応して下さる印象です。きっとご主人がちゃんと教育されてるんでしょうね。
南区と言えば「ビストロ上野軒」はご存知ですか?あちこち食べ歩いておられるようなので、行かれたことがあるかも知れませんね。パンプキンスープが有名ですが、私はあそこのカキフライに感動しました。それこそ近くにあったら頻繁に行きたいお店です。

ところでミシュランは御覧になりましたか?早速手に取ってみましたが、順当なセレクトもあれば、中には思わず苦笑するような店も数軒ランクインしていました・・・。なかなか面白かったです☆
Commented by ゆきち at 2010-10-24 09:09 x
全然グルメでないです。モモ母さんのレベルにはとてもついていけないと思います。京都に居た時にもっともっと、いろんなお店に行っておけばよかったです。「ピストロ上野軒」も初めて知りました。カキフライがおいしいのですか。記憶しておきます。南区といってもJR西大路駅近くに住んでいたので、なんとも中途半端な南区って感じです。先日、京都市中央卸売市場が登場していましたが、このブログには似合わないなぁって思いながら、なつかしく見ていました。あの辺りは通勤経路でした。今年も11/23(火・祝)に卸売市場で「鍋まつり」が開催されるようです。市場、見学してみたいと日頃、思っていましたが、勝手に入るのはダメなのですよね?! 外から見ていて、じゃまになる感じがして入りにくかったです。
Commented by ゆきち at 2010-10-24 09:27 x
ミシュランは見ましたが、「どのお店もやっぱり高いなぁ。雰囲気も僕が行けるようなところじゃないなぁ」、「ほっこりや」さんと「Lungamo」さん辺りなら手が届くかなって感じでした。ミシュラン掲載店には、1つも行ったことがないです。が、しかし(私としては)奇跡的に、1店のみ料理を口にしたことがあるんです。7年前の11月、何を思ったのか、ちょっと贅沢してみようと「京都の料亭のおせち」を奮発(眼をつぶって3万ちょっと高島屋の店員さんに差し出しました)、今となっては2つ星の「魚三楼」さんのおせちでした。やっぱりおいしかったです。料理は創作なんだって初めて知りました。モモ母さんの「中には苦笑するようなお店」、感想など詳しくお聞きしたいです。ミシュランに対して掲載拒否や取材拒否って可能なのですかね。少し疑問に思いました。
Commented by mmcmp at 2010-10-25 22:24
お返事遅くなってスミマセン!
上野軒はパンプキンスープが有名なお店です。私が担当していた番組でもパンプキンスープを紹介したんですが、個人的にはカキフライの美味しさの方が印象に残っています。久しぶりに行きたくなってきました・・・。
中央市場は個人での見学はできないと思いますが、社会見学的な団体さんは受け入れてるように思います。ちなみにODAで買ったブロッコリは今夜使い切ってしまいました・・・。
Commented by mmcmp at 2010-10-25 22:50
モモの散歩でよく前を通るあそこはイマイチ・・・という声の多い某店が載ってましたが、こだわりは強いようなのでそういうのがきっとウケるんでしょうね。でも、よほど低レベルの店でない限り、どこの店だってこだわりは持っておられるものだと思います。
本や雑誌もどれも皆、一生懸命作っておられるので、取材拒否はしないでほしいとライターとしては思います。その一方で、情報を見た客が殺到で常連客が逃げ、大半の一見客は次の情報に飛びついて別の店に行ってしまい、波が去った後も常連は雰囲気が変わってしまった店には戻ってこない・・という話をよく聞くので、大事な店にはあんまり媒体力の大きなものには露出して欲しくないし、複雑な心境ですね。
そういえば、京都って昨年のミシュランの取材拒否が一番多かったとか言ってませんでしたっけ?今年はどうだったんでしょうね。
Commented by ゆきち at 2010-10-26 02:18 x
モモ母さんのコメント、勉強になります。ミシュランガイドの後、別の京都本(雑誌)を立ち読んだんです。その雑誌のあとがき的なページに取材拒否で掲載できなかったというお店が3つ。その中の1つに「平安神宮近くのフレンチ。予約がすごく困難。行きたくて、私(取材者自身)も何度も何度も電話しています」といったような記載が。「コムシコムサ」さんのことだなってすぐにわかりました。今でこそネットのクチコミで評判ですが、オープン当初は、これでやっていけるのかという状況だったらしいとネットで見ました。推測ですが、取材拒否の理由は今でも予約でいっぱいなのに雑誌に掲載されたりすると、お客さんに迷惑をかけることになるってことだろうなって思いました。やっぱり、おいしいところは自分の足で探すこと(努力)が必要なのかもしれませんね。といっても、簡単ではないですよね。よっぽど食べ歩くか、運ですよね。モモ母さんのクロアさんではありませんが、私も隠れた名店(実力店) 見つけてみたいです。京都に引っ越さねば。
Commented by mmcmp at 2010-10-27 22:26
「コムシコムサ」さんがそういう理由で取材拒否されてるとしたら、顧客を大事にする良い店でしょうね。以前、「紫野源水」のご主人が開店当時から愛用している私に対して「こういうお客さんを大事にせなあかんのや」と奥さんと言っていただいたことをとても嬉しく思いました。人気店になっても、下積みの頃を支えたお客さん達を忘れないのが一流店だと思います。
私は京都在住なので京都のことを中心に書いてますが、洋菓子や中華は神戸でしょうし、安くて美味しいのは大阪だし、最近は奈良や滋賀にも良い店が増えてますよね。ゆきさんの住む街も、きっと魅力的な店がたくさんあると思います。いつもと違う角を曲がってみたり、いつもと違う視点で街歩きをすると、今まで気づかなかった発見があるはず。このブログで私が伝えたいのは、京都の美味しいものというより寧ろそういう街歩きの楽しさ、ワクワク感です。アンテナのばして自分のお気に入りをみつけてください。勿論、グルメ本がその手がかりになることだってたくさんあると思います。ゆきちさんの住む街もめいっぱい楽しんでくださいね☆
<< 梅雨空とラテン音楽 山鉾巡行とモーニング >>