李朝の「木偶」展

f0119179_220466.jpg李朝喫茶「李青」で8月8日まで開催中の「李朝の『木偶』展」を観に行きました。期間中は特別システムで、最初に観覧料500円を支払います。食事メニューはお休み。夫婦や家族、鳥や龍など様々な木偶が並べられ、普段丸テーブルが置かれている場所も展示スペースになっていました。葬儀の際に使用するものなのにカラフルで、どこかユーモラスな表情のものもあって温かみのある感じ。「旅立つときは孤りではありません」というコピー通り、こうした木偶たちが傍にいてくれると寂しくないかも知れません。棺に入れるのかと思ったら墓地まで棺を運ぶ際の「喪輿(サンヨ)」と呼ばれる輿を装飾するためのもので、繰り返し供用したんだそう。朝鮮文化を知る興味深い展示でした。
喫茶スペースは満員だったので今日は喫茶はやめておこうかと思ったんですが、ふと見ると奥の座敷でもお茶が飲めるとのことで、そちらでアイスの柚子茶をいただきました。掛け軸や壺などがある素敵な座敷で、いつも憧れていたんですが、期間中だけ特別に喫茶スペースにしているとのこと。あがらせてもらえてすごくラッキーでした。おまけに大きな韓国の団扇f0119179_2501872.jpgまで使わせてもらえてとっても嬉しい。涼しげなガラスの器に入った冷たい柚子茶もさっぱり喉を潤してくれて、満ち足りた気持ちになりました。
李青
河原町今出川下る
075-255-6652
11時~18時 月・火休
[PR]
by mmcmp | 2010-07-24 02:55 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 今年も始めてみました 百万遍で食べ納め >>