往く店来る店

f0119179_142592.jpg「伽藍」の閉店にショックを受けた翌月、今度はそのお隣の「ライブラリー」が閉店。居心地の良い店が続けて消えるなんて・・。と、思ったら、オープンして1年も経たないうちに円町の「サンスクルール」が突然長期休業に入られた模様。さらに水曜に河原町丸太町に行くと前回「ファーマーズ」に寄った時には隣にあったリストランテFが別の店になってました。急激な変わりように驚くと共にお店を続けていくことの大変さを改めて知る思いです。そうそう、「華祥」さんはお店のサイトによると27日で百万遍の店を閉店されたご様子。こちらは来月移転オープンされるので、笑顔で「お疲れ様でした」と言えますね。
さて、去って行った店もあれば新しくお目見えした店もあります。河原町丸太町の裏通りに今月出来た「アイタルガボン」さんを訪れてみました。店内に入ると思ったより奥深い。席と席の間が離れているので、とてもゆったり落ち着けます。テーブルが広いのも気に入りました。有機栽培のコーヒー豆を使った「カフェラッテ」(400円)はアイスのみ。パスタやパニーニ、デザート類のほか、ちょっとしたお茶菓子も豊富で、「キャラメルカシューナッツ」(220円)を添えてみました。店主はレゲエ好きとかで「アイタル」はジャマf0119179_1302948.jpgイカの言葉で「自然な、フレッシュな」、「ガボン」は造語で、良い意味で「平凡な、ありふれた日常の」という意味だそう。日常に溶け込む店になります様に。
★アイタルガボン
中町通丸太町上る
075-255-9053
11時30分~22時不定休
http://italgabon.blog133.fc2.com/
[PR]
by mmcmp | 2010-07-29 01:36 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 看板より好み優先 なんで苦手なの? >>