文人墨客に好まれる理由

f0119179_1222532.jpgもう8月だというのに、6月の話題です・・・。6月に東京に行く時に友人から「黒七味を買って来て」と頼まれました。東京の友人達の間で人気が高い「原了郭」の黒七味。古くから文人達に愛されて来た名品ですが、京都には老舗の七味屋がたくさんあって、モモ母家では三年坂のSを愛用してきたので、こちらの黒七味を初めて口にしたのは20代になってから。食通のご夫妻宅でお鍋をいただいた時だったと思います。しっとりしているのは、手でしっかり揉み込んであるので、材料の持つ油分が滲み出ているんですね。こういうのを見ると職人の手業の凄さを感じます。
少しでも新鮮なものをと思ったので、上京する数日前に祗園の店に行ったところ、お店の方にとっても臨機応変な対応をしていただいて感激。ブログには書かないでと言われたので詳しく紹介できないんですが、とてもあり難く思ったので、当初は友人達の分だけ買うつもりが家用も追加しちゃいました。「損して得とれ」なんて言いますが、客の融通を聞くことで店の印象が良くf0119179_282695.jpgなって顧客がつく。ちなみに昔は「得とれ」でなく「徳とれ」だったそうです。さすがに老舗の接客というのは近年急成長した店とは違う徳があると実感したモモ母。文人好みなのは味だけではなさそうです。ちなみに話のタネにとこちらの黒七味を使ったラスクも一緒にお土産にしたところ、なかなか好評でした。ビールとよく合うのが良いみたいです。
★原了郭
祗園町北側
075-561-2732 木休
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81110/
[PR]
by mmcmp | 2010-08-01 02:13 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 豪州産国産牛すじの煮込み 看板より好み優先 >>