パウダースノーのひみつ

f0119179_2339121.jpg京都でかき氷と言えばYやNが思い浮かびますが、この夏、モモ母が一度食べてみたかったのが俵屋吉冨小川店のカフェ「茶ろんたわらや」のもの。今年は暑くて仕事帰りに足をのばす気になれず、家にいる日は5時より前に外出する気になれずでしたが、月末になって漸く行く気になりました。そして行った甲斐がありました。
こちらのかき氷は氷にひと手間かけられています。単なる水を凍らせたのでなく、あるものを混ぜて凍らせることで、かいた時の食感がグンと良くなるのだとか。その濃度もあれこれ試行錯誤して、これぞという濃度にされたそうです。そんなこだわりのかき氷は「白玉宇治金時」と「白玉黒糖金時」の2種類があって共に945円。抹茶好きのモモ母は当然宇治金時です。運ばれてきたのは鮮やかな抹茶色が目にも美しく、2色の小さな白玉がコロコロとたくさん添えられていて可愛い。一口食べて、おっ!確かにパウダースノーのようなきめ細かさ。量も多すぎないから頭が痛くなることはありません。つぶあんは甘さ控えめだし、温かいお茶が一緒に出されるのもf0119179_065565.jpg気が利いています。氷に何を入れてるかはここでは書きませんので、気になる方はお店の人に聞いてみてください。かき氷は9月末までだそうです。
★茶ろん たわらや
寺之内通小川西入る
075-411-0114
10時~17時 火休
http://www.kyogashi.co.jp/a-index.html
[PR]
by mmcmp | 2010-08-28 00:08 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 一番好き☆ お箸で食べるホットケーキ >>