染付皿を買う

f0119179_0332076.jpg先週、寺町の「それから」を訪れた時に染付の小さなお皿を買いました。高価な骨董品なんて手が出ないし、普通の陶磁器でも1枚何千円、何万円も出して買うなんてことはとても出来ないんですが、細い路地の奥でみつけた小さな店にあった年代物のお皿になんとなく心引かれてしまいました。
と言っても良いなぁと思うものはやはり何千円もしたので衝動買いは無理。でもセット商品を置いた一角に半端物が2種類、500円と600円で売られていました。バラで欲しいと言うお客さんが買っていったので、どちらも1枚ずつ売れ残ったようです。きっとわずかに絵が剥げたところがあるので、残ってしまったんですね。「そこにあるのは値段は安いですが、ものはf0119179_0503832.jpg良いですよ」とのことで、大正頃のものだとか。少し悩んで、モダンな印象の500円の方を買いました。この値段なら生活の中で使い込むのが良さそう。真ん中に料理を載せれば剥げた部分も隠れるから気にならないはず。古いお皿って今のものにない魅力がありますね。「正尚堂」で買った四角い小皿も気に入っています。
★それから
寺町夷川下る Tei なし
11時30分~20時 
火休、臨時休
[PR]
by mmcmp | 2010-09-22 01:05 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< キレがどうも・・・ やっぱり辻利☆ >>