2年ぶりの火裏蓮花

f0119179_014285.jpg「ビストロルラション」でランチをした後、姉小路を東に歩いて「火裏蓮花」に行きました。昨年一度行こうとしたことがあったんですがお休みだったので、訪れるのは2008年6月以来です。路地奥の穴場的ロケーションですが、今はすっかり有名に。実は良くない噂をいくつか聞いていたので、人気店になって感じが変ったのかな?と気になってたけど、なかなか行く機会がありませんでした。でもお店の方の対応は良く、特に今回は入ってすぐの席に始めて座ったんですが、ここが他のお客さんから隔たっててすごく落ち着けます。今までで一番好きかも。
オーダーした「火裏蓮花自慢のカプチーノ」(600円)は、メニューに「少しミルクがぬるいと感じるかも知れないけれど、ミルクの味を最大限に引き出せる温度の60度を守っています」というようなことが書かれていました。いただいてみると、確かに寒い時期ならちょっとぬるいかも知れません。でもf0119179_0451880.jpg今の時期はふわふわミルクの良さが味わえて良い感じです。ただ、スプーンがついてないので、底に泡がたくさん残ってしまいました。あの泡をすくっていただくのが好きなんですよね。寛いでいると「シュガーベイビーラブ」が流れてきました。わ~懐かしい。でも今まで聞いたことないアレンジ。この日もゆっくり過ごしました。
Cafe火裏蓮花
柳馬場通姉小路上る
12時30分くらい~18時くらい
不定休
http://karirenge.exblog.jp/
[PR]
by mmcmp | 2010-10-21 00:46 | 京都のカフェ | Comments(2)
Commented at 2010-10-22 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mmcmp at 2010-10-23 00:53
そうでしたか。私が行った時は女性スタッフの接客も良くて、以前と変わらない雰囲気だと思ったんですが、やはり感じの悪い思いをされた人も少なくないんですね。残念です。
この記事で期待させてしまって申し訳ありませんでした。
「良い店」のあり方を考えさせられる思いがします。
貴重なコメントをいただき有難うございました。
これに懲りずに今後もどうぞよろしくお願いいたします。
<< 涼しくなったら「みずいろぱん」 リーズナブルできちんとランチ >>