まじめなパンたち

f0119179_19192972.jpg「ひだまり」さんを訪れる前に、「ラ・ナトゥラ」さんにも数年ぶりに行ってみました。今出川通りを千本から西に歩いた南側にあるパン屋さん。天然酵母を使ったパンは保存料や乳化剤、イーストフードを使わず、具も自家製又は添加物なしのものを使っておられます。あそこのが食べたい!というインパクトの強さはないものの、地味ながら丁寧に作られているのがよくわかります。それに種類が豊富で、「平飼い卵のシュークリーム」(150円)や「京都生まれの豚肉で作ったペッパーハム くるみパンサンド」(270円)など美味しそうなパンが並んでいたんですが、要冷蔵だったため「ひだまり」さんに行くことを考えて断念。「きのこのフォッカチャ」(180円)と「丹波黒豆と栗のパン」(140円)を購入しました。値段がリーズナブルなのも嬉しい。どちらもよそいきの味でなく、日常のパンという印象でした。
ところでレーズン食パンのPOPに「機械ではスライスできません。包丁でならお切りします」というようなことが書かれていて、すっかり忘れていたウェンガーの波刃スライサーのことを思い出しました。モモ母、数年前からウェンガーのパンナイフに心引かれていたんですが、パンナイフ1本に数千円はどうも・・・と躊躇しておりました。で、以前訪れた時にレーズン食パンだったと思うけど、お店でスライスをお願いしたら、黄色いナイフで切っておf0119179_1943135.jpgられたので、思わず「それ、ウェンガーですか?切りやすいですか?」とお尋ねしたのでした。使いやすいとおっしゃってたっけ・・・。で、帰宅してネットを見たら、シェフがよく使ってるいわゆる「波刃スライサー」ではないものの、パン切りナイフが2634円の特価で売り出されてたので早速購入。パンライフが楽しくなりそうです☆
★ラ・ナトゥラ
今出川通六軒町西入
075-461-3636
8時~18時 月・木休
[PR]
by mmcmp | 2010-10-31 19:46 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< まだ交換してないのに・・・ 石油ストーブと黒電話 >>