栗だけで作られたおしるこ

f0119179_2241764.jpg下鴨の「茶寮宝泉」に行きました。初めて訪れたのは秋だったと思うのですが、ここ数年は夏メニューの頃に訪れることが多くなっていました。秋メニューになったら是非一度いただいてみたいと思っていたのが「栗しるこ」(1260円)。漸くその機会に恵まれました。
クチナシで染められた黄色い栗を見慣れているせいか、蓋を取ってみると意外と落ち着いた色でしたが、確かにこれが自然な栗色。味もものすごい栗味を予想していたんですが、お匙ですくって口に運ぶと、寧ろ「おしるこ」らしい味わい。なるほど栗しるこです。でもお店の方にうかがったところ、小豆は使ってなくて、材料は栗と砂糖だけという純粋な栗しるこでした。写真では沈んでいるのでわからないけれど、中に大きな丹波栗が2つも入っています。これ、やわらかくてかなり感動ものの美味しさです。これぞ丹波栗!という感じ。この日は手前の座敷に座ったんですが、美しいお庭を眺めながら手のこんだ栗しるこをいただくわけですから、少々高いのは仕方ありません。京都駅新幹線構内のお店でも栗しるこはいただけますf0119179_22235758.jpgが、可能ならやはりこちらで優雅な気分に浸りたいもの。紅葉シーズンはさぞかし混むと思うので、まだ早い今が狙い目かも知れません。
茶寮 宝泉
下鴨西高木町
075-712-1270
10時~17時  水休
http://www.housendo.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2010-11-05 22:27 | 京都のカフェ | Comments(0)
<< 「Festival!みまちひろ... 久々のチョコベーグルに感激! >>