観光シーズンの京都駅にて

f0119179_21542562.jpg市内の木々も紅葉してきました。まだまだ見頃は先になりそうですが、ここ数日は地下鉄がやけに満員。秋の観光シーズン到来です。土曜の京都駅も木曜に訪れた時とは一変して混雑していました。和久傳系列の丼と鍋の店「はしたて」さんも席待ちの行列が出来てました。入るまでに並んだのは今日が初めてです。
上の写真は出版社勤務のNさんが頼んだ「白味噌と京野菜煮麺」(1680円)。金時人参や海老芋、大根が入った京都の白味噌雑煮のお餅のかわりに煮麺を入れたイメージですね。はしたてさんのブログを見ると、昨年はこれにお餅も入っていたようですが、ボリュームがありすぎて食べきれない人が多かったので餅を抜いたとのこと。他府県の人に白味噌を味わっていただけてモモ母も嬉しかったです。それにちりめん山椒のご飯もついて、ザ・京都って感じ。モモ母がオーダーしたのは「鯛の胡麻味噌丼」(1365円)。胡麻味噌で合えた鯛の切り身が乗せられ、好みで胡麻味噌をさらに足すことができます。上品な味でパクパク食べ進んだんですが、お茶漬けにも出来るというので少し残しておだしを持って来ていただきました。お茶f0119179_22404341.jpg漬けにするとまた一味違った味わいに。一人前で二度美味しい丼でした。
★はしたて
京都駅西口改札前SUVACO
075-343-4440
11時~15時(昼)~17時
(丼と茶菓)~22時(夜)
http://www.wakuden.jp/news/hashitate.html
[PR]
by mmcmp | 2010-11-13 22:42 | 京都でごはんたべ | Comments(6)
Commented by ゆきち at 2010-11-14 00:58 x
白味噌雑煮、おいしそうですね。「鯛の胡麻味噌/お茶漬け」、(私は行ったことはないですが) 嵐山の「鯛匠HANANA」さんが思い浮かびました。
Commented by mmcmp at 2010-11-14 23:40
友人が食べた煮麺だけでなく白味噌にお餅の入ったものもあるので、機会があれば是非食べてみてください。こちらでは「和久傳」で一番人気のお菓子「西湖」をいただくこともできますよ☆
生魚でなく和煮ですが、鯛味噌茶漬も「和久傳」では有名です。昔、郷ひろみがとんねるずの食わず嫌いで紹介して暫くは入手困難だったような・・・。
相当たくさんの店をリサーチされてようですね。熱心さに感服いたします。ただ、格下の店と並べられると老舗としては苦笑されるかも・・・。
アトランダムに店を網羅するのもひとつの方法ですが、当ブログでは単なる店情報でなく、美味しさや心地よさの裏にあるものをお伝えしたいと思っています。
Commented by kana at 2010-11-28 18:24 x
こんにちは。
遊菓里の娘kanaです♪
ブログ見せて頂いて、はしたてさん行ってきました~!
限定ランチ頂いてきました(^-^*)
Commented by mmcmp at 2010-11-29 22:57
いつもは静かなはしたてさんですが、観光シーズンだから混んでなかったですか?
限定ランチ、お品書きを見ているだけで美味しそうですね。私も食べてみたいです。こちらは胡麻和えなどのちょっとした小鉢にいつも感動します。
Commented by kana at 2010-11-30 18:54 x
いつもは静かなんですか~とっても混んでいました!
私たちは開店と同時に行ったので、座れましたが、
すぐ満席で、限定ランチも売り切れのようでした。
紅葉ですかね~♪
たしかに平日やのに、京都駅は人であふれてました!
Commented by mmcmp at 2010-12-01 01:37
南北自由通路が混雑していても上の「はしたて」さんは空いてることが多いんですが、私達が行った週末は珍しく満員で、入るのに少し待ちました。
今は地下鉄も結構混んでるし、紅葉の影響だと思います。
限定ランチもすぐ売り切れなんですね。
ジモティはもう少ししてから行く方が良いかも知れませんね。
<< 「第21回雋溪水墨画会作品展」 浅焼、深焼 >>