京都にも欲しい

f0119179_0214466.jpgまた暫く東京ネタが続きます。新宿から小田急で下北沢へ。3年ぶりに「ヴォルール・ドゥ・フルール下北沢店」に入りました。本当はお向かいの「カフェ・ド・パルファン」に行くつもりだったんですが、雑貨屋や古書店などをまわっていたら午後10時近くなってしまい、10時閉店の「カフェ・ド・パルファン」に入ることを断念。11時まで営業しているこちらにしました。席について暫くしたら、前回同様向かいの「カフェ・ド・パルファン」の明かりが消えました。
店内は前回撮影不可だったため、写真は扉の外から撮ったものを。オーダーしたものが店のブログに出ていたので、リンクさせていただくことにします。「ミルクティー」(800円)はアッサムとティンブラがあって、アイスならティンブラかなと思ったんですが、温かいものが飲みたくてアッサムに。歩き回った後だったので11月下旬の夜にもかかわらず「珈琲アイスクリーム」(350円)を頼んでしまいました。小ぶりだったのと紅茶が温かかったので、最後まで美味しくいただきました。色々な豆を使って作られ、その時々で味が変わるそうで、この時はモカマタリを使っているとのことでした。砕いた珈琲豆がトッピングされ、その苦味が心地よく口に広がります。ミルクティも牛乳で煮出してあるので味が濃い。久しぶりに本当に美味しい紅茶をいただいきました。夜遅くまで営業していて、席が壁で区切られてるので静かで落ち着け、味は本格派。こんな店が京都にも欲しいです。
★ヴォルール・ドゥ・フルール下北沢店
東京都世田谷区北沢
11時~23時(土日祝10時~)
http://cafevdef.exblog.jp/
[PR]
by mmcmp | 2010-12-02 01:08 | 東京のカフェ | Comments(0)
<< 評判通りの上質パン 「明るい部屋」 >>