仕出し屋さんのおせち2011

f0119179_072319.jpg今年はプチ贅沢とかで、10万、20万という高額おせちの予約が好調だったそうですね。緊縮財政のモモ母家は昨年はお重は頼まず、家で作ったものをメインにしたんですが、従来の三段の重箱ではなく、やや小さめの松花堂弁当くらいの容器でお願いできないかと「矢尾門」さんに問い合わせてみたら、引き受けてくださるとのことで、一段だけおせちをお願いしました。家でいもぼうを大量に作るので、2人家族ならこれで十分でした。龍皮巻や生麩饅頭、さわらの味噌漬などが入って1万円。欲しくないものを事前に伝えれば、省いてもらえます。
いつもさつまいもを分けてもらっていた「山本屋」さんが昨年4月に閉店されたのと、「ヘルプ」に行く機会がなかったので、今年は栗きんとんはやめておこうかと思ったけれど、大晦日に急遽作ろうと思い立ち、なると金時と栗の甘露煮を買ってきました。同じ町内の和菓子屋さんで丸餅を買って今年も無事にお正月を迎えられたんですが、子供の頃から親しんできた和菓子屋さんが、大晦日で閉店され、「山本屋」さんに続いて、またひとつ迎春準備御用達の店がなくなりました。「矢尾門」さんにはまだまだ続けていただきたいと思います。
★矢尾門
tel 075-231-1239
今出川寺町西入る
[PR]
by mmcmp | 2011-01-02 00:28 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 大晦日&お誕生日のモモ 謹賀新年2011 >>