第3回昼行燈サロントーク開催

f0119179_0345997.jpg昨年6月以来、間があいてしまっていた「昼行燈」でのサロントーク(前回のさわりはコチラ)を日曜に久々に開催しました。恩師M先生が選んだ今回のテーマは弘徽殿の女御。「源氏物語」では敵役として登場する彼女や父の右大臣にはモデルとなった人物がいて、当時の読者はそれを知りつつ読んでいたんですね。その頃は后になることが天皇と結婚した女性にとって最大の幸せだったそう。だから弘徽殿の女御が皇太子の母でありながら后になれず、若くて地位も申し分ない藤壺が天皇の寵愛を受けるて后になるなんて、そりゃ許しがたいと思います。でも、年をとってから「源氏が権勢を手にする定めはどうすることもできないものだったのだ」と諦めの台詞があるのが意外でもあり、切ない気がしました。
3度目のサロントークには雪のチラつく中、兵庫県から再度参加して下さった方々、当ブログを読んで下さったご縁で初参加していただいた方々、盛岡から帰省中の貴重な時間を使って足を運んで下さった方等、定員を上回る参加がありました。今回は内容進行が段取り悪くてモモ母の準備不足を反省しました。改善点が見えたので、次回以降はもっとスムーズに、充実した内容をお届けできるよう、努力を重ねたいと思います。早くブログで幅広く事前告知できるクオリティにしたいものです。皆さん、その時はよろしくお願いします!
[PR]
by mmcmp | 2011-02-14 01:26 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/15502811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ハートのそばぼうろ おススメ通り! >>