正統派喫茶

f0119179_1421413.jpg先週末に「筆墨精神」を観た後は京阪で五条に出て用事を済ませ、久し振りに宮川町を歩いて四条まで出ました。随分昔、店出し(デビュー)したばかりの舞妓さんを取材したことがあったんですが、あるお茶屋にかけられた芸舞妓さん達の名札の中に、彼女の名前を発見。当然もう芸妓さんとしてもベテランのはず。今も頑張ってるんだなぁと感慨深い気持ちになりました。
行こうと思っていたカフェが満員だったので、これまた久し振りに西木屋町の「フランソア」に入ってみました。タバコを吸わない人は突き当たり左へと言われて奥の部屋へ。クラシックが流れる名曲喫茶のカテゴリーに入るようですが、高円寺の「ルネッサンス」や荻窪の「ミニヨン」などのように音楽を聴くことを目的にした店というより、談笑を楽しむ人で賑わう喫茶店という感じです。戦前からの店とあって年配のお客さんも多い。珈琲を注文したらf0119179_1439267.jpg「クリームは使われますか?」と聞かれました。最近はブラックでいただくので使わないとこたえたんですが、ミルクと言ってたのに、フレッシュが出て来るとムッとするモモ母。クリームというからには、使うといえば生クリームが出て来るはず。あ、やっぱり老舗はちゃんとしてる・・・と何気ない一言に正統派の実力を感じました。
★フランソア
西木屋町四条下る
075-351-4042
10時~23時
[PR]
by mmcmp | 2011-02-23 14:45 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/15556557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< あどけない? 生麩まんじゅうは麩屋で >>