週末モーニング

f0119179_0101255.jpgもしモモ母が雑誌で京都のモーニング特集を企画するとしたら、雑誌のコンセプトや媒体力にもよるけど、大人向けなら「フランジパニ」は外せませんね。夏の暑い時期は位置的にどうしても足が遠のくので、行ける時に行っておこうと土曜朝に開店早々訪れました。
こちらのモーニングは珈琲又は紅茶にバタートースト、サラダで500円。珈琲でお願いしましたが、ここの珈琲は本当にモモ母好み。一口飲んで改めて実感しました。サラダはその時々で内容が変わり、この日は瓜やミニトマトなどが使われていました。瓜がサラダに入ってるなんて初めてですが、なんとも夏らしくて素敵。これが500円でいただけるんですから、とってもお得です。白いコーヒーカップはドイツのもので、とても持ちやすい。最近はほかに底が四角い有田のものを使うこともあるそうです。中身が見やすくとりやすくていつも感心しているサラダボウルは、M食器店のものだとか。いずれもシンプルだけど清潔感があって機能的。この日のBGMは「見上げてごらん夜の星を」や「千の風になって」などのピアノアレンジ。日本の曲ばf0119179_0502038.jpgかりだったので日本人アーティストかと思ったらヨーロピアン・ジャズ・トリオのアルバムだったようです。この日も本当に快適なモーニングタイムでした。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245
10時~18時 日休
※7月23日(土)はお休みのようです。ご注意ください。
[PR]
by mmcmp | 2011-07-10 00:53 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/16251115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 葉っぱ at 2011-07-10 12:58 x
瓜って素敵ですね。以前訪問した時はひじきと大豆をマリネしたものが添えてあり、とてもおいしかったです。普通のカフェではレタスやきゅうりだけというタイプが多いと思いますが、こちらは「あら☆」っという物がさりげなく添えられていますよね。フランジパニさんって、もちろんプロでいらっしゃることは当たり前なのですが、「お料理上手な奥様」的な身近さがサラダをはじめとして随所に表れている気がして、それが私にとっての心地良さになっているように思います。
Commented by mmcmp at 2011-07-11 02:44
そうなんですよね~、フランジパニさん、ダルプーさんもそうなんですが、シェフが作る料理ではなく、料理上手な奥さんの手料理という感じが大好きです☆
瓜は梅酢漬?でしんなりしていて、とってもおいしかったです。
そうそう、「BRUTUS」は本屋でみつけた時は既に別の号になってたみたいで、朝食特集は見ることができず残念でした・・・。
Commented by ゆきち at 2011-07-11 14:26 x
フランジパニさんのモーニングの写真、拝見させていただいていて、このトースト、どちらのお店の食パンなんだろ?! って、いつも気になっています。
Commented by mmcmp at 2011-07-12 01:34
京都ではメジャーなS堂のものを使っておられます。私はS堂のパンはあまり好きではないんですが、業務用だからか、奥さんの焼き方が上手だからか(多分、こっちですね)、フランジパニさんでいただくトーストはとっても美味しいです!
ちなみに京都でモーニングをされてる店はS堂のものを使う店が結構ありますが、それは配達サービスがあるからのようです。確かに開店前の忙しい時間に買いに行くのは大変だし、家族経営の小さなパン屋さんだと毎朝配達するのは無理ですよね。
<< 喘ぎながらも元気です! きちんと抹茶 >>