ミニキャベツが大きくなる頃

f0119179_23415937.jpg四条烏丸のCOCON烏丸1階で9月までの第3土曜に開催される「COCON MARCHE」。規模は小さいけど、「山中油店」や蜂蜜の「ドラート」など京都では既に知名度の高い店も出店しています。こうした販売手法って無店舗や新規業者さんだけでなく、老舗にも及んでるんですね。
そんな中で、初めて訪れたモモ母が開始時間前から注目したのは「べじたぶるぼーと」さんのミニキャベツ(50円)。亀岡で2010年から有機農業を始めたという新しい業者さんです。一般的な大きさのキャベツと品種が違うのか、それとも本来はもっと大きくなるのを早く収穫したのかと伺ったら、普通のキャベツと同じものだけど肥料なしだとこれ以上大きくならないんだそう。どうして肥料を使わないの?と聞くと窒素を与えたくないからとのこと。まだ農業を始めて間がないので、いずれ土の状態が出来てきたら肥料なしでも一般的な大きさになるそうです。そうか、有機って時間かかるもんね・・・じゃあ将来へのエールを送る意味で、と大好きな万願寺唐辛子(150円)と一緒に買いました。キャベツはオーブンで丸焼きもできるとか。千切りにする場合は真ん中の芯も柔らかいからそのまま切ってと言われました。ブログを拝見すると、定期的に販売する場もお持ちの様子。そういえばカフェやf0119179_0182724.jpg八百屋さん以外の店で野菜を売ってるのを最近よく目にします。こうした大手流通とは違う動きが今後どのように普及するのかも注目したいところ。キャベツが大きく育つ頃、「べじたぶるぼーと」さんや京都の野菜事情はどうなってるかな?「べじたぶるぼーと」さん、これからも頑張って下さい!
http://ameblo.jp/vegetableboat/
[PR]
by mmcmp | 2011-07-25 00:20 | 京都でお買い物 | Comments(2)
Commented at 2011-08-20 23:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mmcmp at 2011-08-21 03:02
ああ、三条会もご無沙汰気味です・・・。
新しい店もたくさんオープンしているようだし、「富三油」のにら饅頭や豚まんも恋しいし、涼しくなって豚まんが復活した頃に一度行ってみます。
ミニパプリカ、美味しそうですね☆
<< 夏はさっぱり COCON MARCHEに行き... >>