にしんなすって京都だけ??

f0119179_3245298.jpg日曜は「鞍楽ハウディ」で買っておいたにしんをナスと一緒に炊きました。昔は近所の商店街の乾物屋さんなどで身欠きにしんを買っていましたが、最近はもっばら戻さなくてもすぐに使えるソフトにしんというのを愛用しています。かつおだしを入れてにしんを湯がき、アク取りもほとんどしないまま、だし醤油、濃口醤油、みりんを加えたところへナスを入れて柔らかくなるまで炊くだけ、というかなり自己流の炊き方。料理屋さんやお惣菜屋さんのように照りをつけることもなく、薄めであっさり仕上げます。
ナスが少なめの時はフタ付の深鉢に入れるんですが、今回はナスを6本も使ったので、大きなお皿にこんもりと盛ってみました。日曜の昼に炊いておき、夜、食べる前にだし醤油やみりんをほんの少し足して味を調えたので、薄味でも味が染みています。月曜の昼に残りをいただくつもりですが、その時はさらに染みているはず。ところで、農林水産省の食育のサイトで、にしんなすが京都府の郷土料理として紹介されてました。にしんなすって全国どこでも食べられてると思ってましたが、京都周辺だけの料理なんでしょうか???ちなみに丹後でばら寿司をよく食べるのは知ってたけど、「まつぶた寿司」なんて言い方は初めて知りました。
[PR]
by mmcmp | 2011-08-08 03:45 | おうちごはん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/16387326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 葉っぱ at 2011-08-08 20:46 x
にしんナス、おそうめんに乗っけて食べてもおいしそうです☆先月末、堀川商店街のホッと丹後へ行きましたら、「8/6、8/7バラ寿司入荷します。予約承ります。」との貼紙がしてありました。土曜日午後行ってみましたが早々に売り切れたようです。モモ母さんの記事を拝見するまで、バラ寿司が丹後の郷土食って知りませんでした。何でバラ寿司?って思ったぐらいなので…。
Commented by mmcmp at 2011-08-09 23:09
私も丹後の物産展などで網野のばら寿司が売られてるので知っていた程度です。京都市内の人は多分「まつぶた寿司」なんて言っても知る人が少ないので、「バラ寿司」として売られてるのではないでしょうか?
ちなみに、「ホッと丹後」をもう少し下がったところにある「アイハート」には行かれたことがありますか?「グリーンゲイブルズドリーム」のパンや「三國屋」の海苔など、ちょっと良いものを置いてますよ。また「ホッと丹後」に行かれたら、ついでにのぞいてみてください。
Commented by 葉っぱ at 2011-08-10 20:12 x
ホッと丹後の後、フレスコだと思って入ったスーパー、色々な種類のオーガニック食品が置いてあり、「フレスコってこんなの置いてた?」と思いながらレジに行きましたら、レジも「マイケル」みたいでした。会計済ませてレシートを見てやっとアイハートだと気づきました。GGDのパンも置いてるのですね。もっとちゃんと見れば良かった…。フレンドフーズもかめや&ブルージュですし…。教えて頂いてありがとうございます!京都のスーパーって本当に面白いです。
Commented by mmcmp at 2011-08-12 17:48
アイハートも前は一般的なスーパーという印象で、目と鼻の先にフレスコが出来た時に、失礼ながらこりゃそのうちつぶれるな・・と思っていたんですが、暫くしてのぞいてみると、以前にはなかった(私が気づかなかっただけかも知れませんが)ようなこだわり商品が並ぶようになっていました。おそらく値段では対抗できないので、路線変更されたのでしょう。今の方が前よりクオリティも上がって、活気があると思います。
ちなみにフレスコの前進は泉湧寺の公設市場だと聞いています。
<< 街なかで毎日買える! こんなとこにも「柴半」が! >>