街なかで毎日買える!

f0119179_22193088.jpgダイズデリ&サンドイッチ」で販売されているお菓子は「マモン・エ・フィーユ」のもの。「マモン・エ・フィーユ」は手づくりのお菓子を娘さんに食べさせていたお母さん(maman)とパリのコルドンブルーで製菓を学んだ娘さん(fille)による知る人ぞ知るのお菓子屋さんなんですが、ダイズデリさんが出来るまでは一乗寺で毎週日曜日だけの限定販売だったので、入手が難しく、食べたことがありませんでした。それが、地下鉄の烏丸御池から数分の場所で、日曜の定休日以外は毎日入手できるのは有難い。
先日訪れた時、目に付いたのが「フロランタンショコラ」(300円)。「ショコラのフロランタンは珍しいです」と書かれていましたが、確かにその通り。「フランボワーズのスノーボール」(500円)と一緒に買ってみました。で、帰宅して商品を撮影していたら、デリを撮ったところでメモリーカードが一杯になったので2階に上がってPCに取り込み、降りて来てみると6個入ってたはずのスノーボルが5個に!「その丸いお菓子、美味しいわ」と父。ああ、そっちは事務所のS君へのおすそわけにして、モモ母はフロランタンを食べf0119179_22401343.jpgるつもりだったのに・・・。というワケで予定を変更してフロランタンをS君にあげることになったので、味はわからずじまい。でも、スノーボールが予想以上に美味しく、お菓子としては久々のヒット!フランボワーズの程よい酸味とチョコ味の生地が相まって、モモ母的には前回買った白い「くるみのスノーボール」より断然満足度が高いです。フロランタンショコラも再挑戦したいし、フランボワーズもリピートしたい。やはり近々また行かねば!
★maman et fille
http://blog.livedoor.jp/gateauxmichiko/
[PR]
by mmcmp | 2011-08-09 22:44 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< 「驟り雨」 にしんなすって京都だけ?? >>