遺伝子組み換えから有機100%まで

f0119179_23561594.jpgせっかく涼しくなったと思ってたのに、このところまた最高35度前後の京都。今年の夏は炭酸ソーダに大変お世話になってます。汗だくで帰宅した時やお風呂上りには、お茶よりもっと喉に刺激が欲しい。最初は「ゆずドリンク」を割ってたものの甘いので、ゆず果汁を探しました。でも近所であるのは塩入りのゆず酢くらい。それならレモン果汁でクエン酸補給をと思うのに、果汁100%をうたうPなんかもみ原材料は「レモン、香料」で、納得できるものがない。なので、新町一条のナチュラルフーズ店Eでヒカリ食品の「オーガニックレモン果汁」(504円)を買っておりました。こちらはイタリア産有機レモン、香料なしです。ただ、暑い時期は180ミリリットルなんて数日でなくなってしまう・・・。なので、堀川のIで柑橘館河田商店の瀬戸内産100%ストレート果汁(280円)を買ったりもしました。これは有機ではないけど、無添加だし、f0119179_037460.jpg90ミリリットルなので買いやすい。
なんて思っていたら、日曜に近所のショッピングセンターで店員さんがシチリアで手積みされた有機レモンを使ったケンコーオーガニックフーズの「有機レモン果汁」を並べてるではありませんかっ!250ミリリットルで298円は安い。今まで香料入りしか置いてなかったのに、どういう風の吹き回しでしょうか?だって、この店、よく見ると遺伝子組み換え不分別の低価格商品も売ってるんです。大型店って、ほんと幅広い客層に対応してるんだな・・と改めて思うモモ母でした。
[PR]
by mmcmp | 2011-08-30 00:48 | 京都でお買い物 | Comments(0)
<< ヨダレが・・・ 毎日がマルシェ気分 >>