MISSLIMで荒井由実を聴く

f0119179_15394864.jpg日曜はイベントの後、丸太町の「ミスリム」で一息つきました。1階の窓際に座って「ロイヤルミルクティ」(700円)をオーダー。こちらはポットサービスのストレートティーが豊富なのですが、昼食時にお茶を結構飲んでいたので、カップがちょうど良い。紅茶の美味しさとミルクの美味しさが味わえて、ほっこりしました。
窓の外の銀杏の木は、夜中の風雨が嘘のようにゆるやかに葉を揺らしていたのに、途中から急に雨脚が強まってきました。これはもう少し出ない方が良さそう。・・・と思っていると、ユーミンの「生まれた街で」が流れてきました。入口近くに置かれたプレーヤーが奏でるレコードが、店名にもなっている「ミスリム」に換わったようです。「瞳をとじて」「海を見ていた午後」・・・松任谷由実より荒井由実時代の方がモモ母は断然好き☆ちょうど、お店に置かれた「デルフォニックス 文房具の本」を読んでいて、どこの小学校の前にもあった文房具店のワクワク感と当たり前のように存在していたものが消えてしまう喪失感を綴った佐藤達郎さんのコラムが印象的だったので、そういえば「やさしさに包まれたなら」ってノースキャロライナのCMソングだったよね・・とか、M小学校生御用f0119179_1611295.jpg達だったU文房具店もなくなったなぁ・・・なんて。久しぶりに目にした「ミスリム」のモノクロのジャケットは今見てもオシャレ。機能的な文房具も時を超えて胸にしみこむ音楽も、定番の魅力があります。ちなみにこちらのサイトに本のコラムのダイジェストのような文章がありました。興味のある方は是非。
★MISSLIM
上京区河原町丸太町
075-231-4688
12時~20時
木休(祝日営業、翌金休)
[PR]
by mmcmp | 2011-09-04 16:18 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/16508713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆきち at 2011-09-04 22:49 x
きょねん屋さん(あのオレンジ色、写真に写ってるのではないですか?!)の向いに、こんなカフェが出来てるのですね。それにしても最近の世の中の進歩の速さって、すごいですよね。 技術開発など、現在の1年って数十年前の1年の何倍ぐらいのスピードなんでしょうね。
Commented by かるみん at 2011-09-05 01:45 x
私もユーミンのミスリム大好きです。高校時代、フォークギター鳴らして歌ってたな~。憧れの先輩が秋の文化祭で「魔法の鏡」をバンドアレンジで演奏してたり・・・。このころ、anan、nonnoブームでロマンチックな京都の喫茶店探しをしたり。結局、よう見つけられずに普通の駄菓子屋さんでラスク買って食べたり・・・。
あの頃はレコードでしたよね。
私、レコードクリーナーの匂いが好きでした。針から出るノイズも味があってね。
Commented by mmcmp at 2011-09-06 00:43
ゆきち様
そういえば、きょねん屋さんがぼんやりと写ってますね。
ミスリムを下がったところに洋菓子店ができていたり、きょねん屋を上がったところにあった洋菓子店が洋食屋さんになっていたり、ここ数年でこの界隈は結構変わってますよ。川端の旧電話局はフレスコになってますしね!
確かに世の中どんどん進歩してますよね。文房具の本にダイモが載っていました。ビニールテープに圧力をかけてアルファベットを刻み、ネームカードにする、あれです。見るまで忘れてましたが、あのローテクさに味がありましたよね。
Commented by mmcmp at 2011-09-06 00:49
かるみん様
ユーミンのミスリム、良いですよね~☆コバルトブルーや14番目の月は友人に借りてカセットに録音して聴いていましたが、ひこうき雲とミスリムはレコードを持っていました。そういえば、高校時代の友人達とは今も結構会うんですが、ユーミンのレコードを貸してくれた中学の友人たちとはすっかりご無沙汰です。
かるみんさんの憧れの先輩は今、どこでどうしておられるでしょうね?
記憶って、ひとつ思い出すと数珠繋ぎにあれこれ思い出しますね。そういえばレコードクリーナーのにおいも忘れていました。
<< ああ、買ってしまった・・・ ひたむきにて >>