素敵な器で美味しいおひるごはん☆

f0119179_22344827.jpg先々週、「kotori」さんでおやつをいただきながら、ふと思ったこと。もしかしたら、いつか「kotori」さん以外のお菓子は食べられなくなるかも・・・。(先日のお菓子のこと、「kotori」さんのブログで丁寧に解説してくださっています。お菓子のこだわりが知りたい方は是非ご覧下さい!)木曜に誕生日を迎えたモモ母、ケーキを食べるならここ!と思ってたのですが、今年もハモンド講師Jさんからフレーバーのシフォンケーキが届いたので、今回は飲み物のつもりで行ったら、3時前だけど、まだ「kotoriのおひるごはん」(1000円)が食べられました。
おひるもやっばり素敵。白木の器の潔さが実に美しい。この日は「鯵と昆布と胡麻のあわせごはん」でしたが、その盛り付けにまずやられました。お味噌汁に入ったわかめが、家やほかの店のものとちょっと違うと思ったら、わかめでなく岩のりでした。岩のりって佃煮しか食べたことなかったけど、お味噌汁の具になると、また違った味わいがあって、家でも入れてみたくなりました。鶏の照り焼き、ピーマンとニンジンのきんぴら、もやしの胡麻和え、大根甘酢漬にデザートのライチとヨーグルトのゼリーがひとつのお皿に。選び抜いたf0119179_22542116.jpg材料を使って無添加で作られています。マヨネーズに唐辛子が振られていたり、甘酢漬に胡麻がかけてあったり、なるほど、家でもこうすれば一味違うのね、というヒントをいっぱいもらいました。食事の後半で出されるお茶は、温かいものと冷たいものが選べます。冷たいお水があるからお茶は温かい方にしました。これも温かさが染み入るような美味しいお茶でした。
kotori cafe
御幸町御池上る
7時30分~19時 水休
http://ameblo.jp/kotori--cafe/
[PR]
by mmcmp | 2011-09-09 23:05 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmcmpny.exblog.jp/tb/16532863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 純生クリームの端正な味わい 噂のエビフライ >>